Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東証、午前終値1万9715円 コロナ、経済停滞不安で反落

配信

共同通信

 週明け20日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。国内の新型コロナウイルスの感染者数増加に歯止めがかからず、経済活動停滞への不安感が広がった。一時200円超下落した。  午前終値は前週末終値比181円84銭安の1万9715円42銭。東証株価指数(TOPIX)は6.72ポイント安の1435.82。  国内では16日夜に緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大され、18日にはクルーズ船乗船者を除いた感染者が計1万人を突破。先行きの不透明感から投資家の慎重姿勢が目立った。前週末に治療薬開発への期待から急伸した反動で、短期利益を確定する売り注文も出た。

【関連記事】