Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

注目のビッグマッチ、チェルシー対リヴァプールについて知っておきたい7つのこと

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER KING

 12日に開幕を迎えた2020-21シーズンのプレミアリーグ。20日に行われる第2節では昨シーズン4位のチェルシーが、王者リヴァプールを本拠地『スタンフォード・ブリッジ』に迎える。ともに白星スタートを切った2チームによるビッグマッチを前に、知っておきたい7つのトピックを紹介する。

1. 28年で80回目の対戦

 イングランド国内だけでなく、欧州の舞台でも対戦の多い両チーム。1992-93シーズンにプレミアリーグが創設されて以降、公式戦で顔を合わせるのはこれで80回目となる。昨シーズンはプレミアリーグのみならず、UEFAスーパーカップとFAカップ5回戦でも対戦。FAカップではチェルシーが勝利し、決勝まで勝ち上がった。しかしUEFAスーパーカップでPK戦を制してトロフィーを獲得したリヴァプールが、リーグ戦でも“ダブル”を達成している。

2. 近年はチェルシーが劣勢

 近年のチェルシーは、プレミアでのリヴァプール戦を苦手としている。プレミアでの通算対戦成績は、チェルシーが20勝、リヴァプールが22勝、14分けと互角に近い。しかし、チェルシーはリヴァプールに対して3連敗中で、最近11対戦でわずか1勝(5分け5敗)。ホームでも最近12試合で3勝3分け6敗と負け越している。また昨季は、38試合制になって以降のプレミアで、クラブワーストタイとなる“ホーム5敗”を記録した。ホーム5敗のうち、最初に喫した黒星がリヴァプール戦。今季のチェルシーが一味違ったチームであるならば、この試合は絶対に落とせない。

3. ゴールは約束された試合

 何はともあれ、ゴールは約束された試合と言っていい。カップ戦を含め、両者の対戦ではここ35試合連続で得点が生まれているからだ。その間に決まった得点数は「99」で、35試合のうち23試合で両チームがそろって得点を挙げている。最後にスコアレスドローに終わったのは、2008年2月に行われたプレミアの試合。チェルシーは、現“テクニカル&パフォーマンスアドバイザー”のペトル・チェフがゴールを守り、フランク・ランパード監督がピッチの中央でチームを仕切っていた時代だ。今季の開幕戦でも、チェルシーは3ゴール、リヴァプールは4ゴールを奪っているだけに、連続得点試合が「36」に更新される可能性は非常に高いだろう。

【関連記事】