Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トヨタが中古車販売のデジタル化は予想以上の衝撃! 全メーカーを巻き込んだ新車のオンライン販売が加速する可能性も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

他メーカーのクルマの取り扱いも視野に入れている

 ネット上ではこれまで、あまり大きなニュースとして取り上げられていないが……。トヨタは今年(2020年)4月1日、「トヨタ、ブランド刷新とともにデジタル領域を軸に中古車事業を強化」というニュースリリースを出している。 ネットオークションや個人売買での中古車購入に潜む罠  この「デジタル化」とは、オンライン販売とほぼイコールだ。トヨタによると、これまでT-Valueなど4つに分かれていた中古車ブランドを、トヨタ認定中古車としてブランド統一。その上で、トヨタ公式中古車サイトを刷新する。  具体的には、ユーザーは24時間、オンラインで中古車の商談と注文ができる。取り扱う中古車は全国各地のトヨタ認定中古車店のクルマとなり、全国どこからでも取り寄せることができる。  こうした体制を、2020年央を目途に始める。驚きなのは、他メーカー系列販売店とも「お互いの自社ブランドの中古車流通促進」について今後、検討するという。  つまり、ホンダ認定中古車店で買い取ったトヨタ車を、トヨタ認定中古車ネットワークに載せるということだ。その先には当然、トヨタの中古車サイトで、他メーカーの中古車も買える時代が来る可能性がある。

今後新車オンライン販売に結び付く可能性も

 中古車の供給体制を支えるため、トヨタは中古車流通についてもメスを入れる。卸売りを担うオートオークションで、トヨタ関連企業2社を使って事業を拡大する。驚きなのは、オークション会場の一部で、トヨタと資本関係にあるダイハツ、マツダ、SUBARU、日野のコーナーを作るという。  トヨタとしては他メーカーモデルの販売について、まずは中古車でトヨタに近いメーカーから始め、その先には全メーカーの中古車販売を仕切る、という腹づもりなのか? そうなれば、中古車販売業界にとっては、まさに100年に一度の大改革である。  こうした中古車市場での大きな動きは当然、新車オンライン販売に結び付く可能性がある。  前段として、日本国内では2020年5月1日からトヨタ店、カローラ店、トヨペット店、ネッツ店での全店舗全車種併売が始まった。一部地域では前倒しされ4月から始まっている。これは事実上の、トヨタ本社主導のトヨタディーラー大再編だ。レンタリース店を含む全国約6000店舗が対象となった。  今後、カーディーラーの在り方が問われる時代となるなか、当然のように、新車オンライン販売導入の議論が本格化する。  すでに中国では、IT大手アリババが運営するポータルサイト「天猫T-Mall」を経由したり、またはネットと電話対応のみでの新車販売が、日系メーカーを含めて始まっている。  日本で、新車をオンラインで購入し、アマゾン専属の配達ドライバーが自宅まで新車お届け。メインテナンスは、全メーカー対応のサービスセンターが対応。そんな時代が、もうじき来るのかもしれない。

桃田健史

【関連記事】