Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<三吉彩花>涼やか浴衣姿で阿部純子と褒め合い この夏やりたいことは「本格的な流しそうめん」 

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
毎日キレイ

 女優の三吉彩花さんが8月13日、東京都内で行われた映画「Daughters(ドーターズ)」(津田肇監督、9月18日公開)のヒット祈願トークイベントに涼しげな浴衣姿で登場。三吉さんは浴衣の柄について「年々渋いのを選びがち。今回も渋いなぁ……」といい、隣に立つ阿部さんを見て「純ちゃんは爽やかで華やか。もうちょっと距離を取りたい」と苦笑いすると、阿部さんも「三吉さんが隣に立っているだけで可愛さをおすそ分けしてもらっている感じ」と返し、褒め合っていた。 【写真特集】三吉彩花、しっとり浴衣姿で涼やかに…この日の別カット&全身ショット 「爽やかで華やか」な阿部純子も…

 毎年夏は「実家でおばあちゃんの作ったそうめんをひたすら食べる」と話す三吉さんは、新型コロナウイルスの影響もある今夏は「せめてちょっとアウトドアを楽しみたい気持ちがあるので、家の外で流しそうめんくらいはやりたい。やるなら本格的な流しそうめんをやってみたい。いろいろ調べ中」と明かした。一方の阿部さんは、もし新型コロナの感染が拡大していなければ、「夏祭りに行きたい」と告白。「花火を見て小旅行して、箱根とか行って。旅の疲れはかき氷で癒やす!」と笑顔で計画していた。

 映画は、東京・中目黒でルームシェア生活を送る女性2人が主人公で、ひとりの妊娠・シングルマザーになる決断を通して人生を描くヒューマンドラマ。イベントデザイナーの堤小春を三吉さん、ファッションブランドの広報として働く清川彩乃を阿部さんが演じている。

 劇中の衣装はファッションブランド「tiit tokyo(ティート トーキョー)」が監修。三吉さんは「初めてというくらい、衣装でテンションあがりました」といい、阿部さんは「撮影の合間に三吉さんに私の服を選んでいただいた。2人で歩いたりして楽しかった」と振り返った。

【関連記事】