Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニンジャZX-25RでGo Toサーキット! イベント開催/特別仕様ライディングギア/オプションカタログ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

ワンメイクレースは2021年から!

カワサキモータースジャパンは、新しい「Ninja ZX-25R」でサーキットを楽しむための講習会、走行会、体験走行、そしてワンメイクレース開催を2021年に計画。未経験でも楽しめるイベントを目指すという。特別仕様ライディングギアやオプションパーツ、キャンペーンなども併せて紹介しよう。 【写真×18枚】豊富なオプションパーツ計12点ほか

ニンジャZX-25Rユーザーに向けて、講習会や走行会、ワンメイクレースを開催

カワサキモータースジャパンが「ニンジャZX-25R」ユーザー向けに2021年より開催を予定しているサーキットイベントは、ワンメイクレース、走行会、講習会、体験走行。開催場所は国内主要サーキット(調整中)とし、「フルカウルモデル/レーサーレプリカには興味があるけどサーキットは走ったことがない、走ってみたいけどどうしたらよいかわからない」というユーザーが、体験走行、講習会、走行会、ワンメイクレースを通して、モーターサイクルの楽しみ方の幅を広げられるようなイベントとすべく計画を練っているという。 また、Ninja ZX-25Rワンメイクレースの開催に伴い、車両イメージと合わせた特別仕様のサーキットライディングギアもリリース予定。ちなみにワンメイクレース参加者は特別仕様レーシングスーツの着用が必須となる模様だ(グローブ、ブーツは規定なし)。 ――RS-TAICHI社とのコラボレーションによる特別仕様のレーシングスーツ:18万4800円 ――RS-TAICHI社とのコラボレーションによる特別仕様のレーシンググローブ:2万2000円 ――alpinestars社とRS-TAICHI社とのトリプルコラボレーションによる特別仕様のレーシングブーツ:5万1480円 ――欧州では「ヨーロピアンZカップ」としてワンメイクレースが開催されている。ニンジャZX-25Rのワンメイクレースもこのようなイメージになるはずだ。 ――お揃いのレーシングスーツで競い合う。そんな中から未来のジョナサン・レイ選手が生まれるかも!?

【関連記事】