Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

刀折れ矢尽きるまで…勝又健志、意地の完勝 最終戦で奇跡なるか/麻雀・Mリーグ

配信

ABEMA TIMES

 ほんのわずかの可能性でも、自ら手放すことはない。大和証券Mリーグ2019・3月5日の第2試合で、EX風林火山・勝又健志(連盟)がセミファイナル進出へ望みを繋げる今期9勝目を挙げた。 【中継映像】勝又健志が意地の快勝  この試合の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(連盟)、TEAM雷電・萩原聖人(連盟)、勝又、KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)の並びでスタート。  見せ場は早々に訪れた。東2局、萩原との2軒リーチを制し、リーチ・一発・ツモ・中・赤・ドラ3の1万6000点のアガリ。次局は親番で1索と7索の中筋となったカン4索で即リーチ、これをアガってリーチ・ドラ1の3900点の収入、大トップへの土台を築いた。  当然、その後も勝又は手を緩めない。セミファイナル進出率を少しでも高めるべく、果敢にリーチ攻勢をかけ、リーチでのアガリ3回、ダマテンでのアガリ1回と場を圧倒、6万点超えの大トップを獲得した。  インタビューでは笑顔はなし。「セミファイナルへ可能性がある限り、最終半荘の南4局まで頑張る」と力強く宣言した。  “麻雀IQ220”の天才として、対局においては攻守バランスに定評がある勝又も、この佳境においてはトップ狙いに全力を傾けた。最下位というチーム状況でトップしか許されない中、大トップを狙い、トップ目からでもリーチもかけ、知力と力業で得た勝利だった。  ボーダーとなる6位までは300ポイント近くの差がある。しかしそれでも、何が起こるかわからないのが麻雀だ。パイレーツが残り2試合で大きくマイナスし、かつ3月9日の最終節に直接対決でドリブンズをラスに沈めたうえでの特大トップ2回。これが叶えば、チームは大逆転でのセミファイナル進出が見えてくる。  また最終節は、上位のチームより最下位のチームがトップを獲るなら良しとされ、自由に打ち回せるメリットもどこかで得られる可能性もある。いずれにせよ相当に苦しい条件であることは間違いないが、それが実現するようであればリーグ史に残る奇跡、大どんでん返し。半荘1回で100ポイント以上を稼いだ試合も過去にはある。1%以下でも希望が残るなら最後まで死力を尽くす。“軍師”勝又の仕事はまだ残っている。

【関連記事】