Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ビタミンDで免疫維持 おすすめは魚を食べる・日光浴

配信

NIKKEI STYLE

新型コロナウイルスの感染拡大以降、免疫への関心が高まっている。食品や食品成分では何が役に立つのか。日本ではヨーグルトや納豆が人気だが、世界で話題になっている代表的な成分はビタミンD。魚に多く含まれ、日光によっても体内で合成される。一方、不足すると疾病・感染症リスクが高まるという膨大な研究結果が発表されている。日本では骨の維持以外の機能がほとんど知られてこなかったビタミンDに、あらためて注目したい。

■米サプリ市場で人気ナンバーワンのビタミンD

感染症から身を守るために、手洗いやうがいの励行、マスク着用、濃厚接触による感染機会を減らす、といった対策のほかに日常生活で何ができるだろう。多くの人の頭に浮かぶのは「免疫力を高める」ことだと思われる。適度な運動をする、睡眠リズムを整えること以外に取り組めるのが食事バランスを考えることと、役立ちそうな食品を摂取することだ。 新型コロナが広がり始めた時期、スーパーなどの店頭で納豆やヨーグルトなど発酵食品が品薄になったのは記憶に新しい。一部の乳酸菌類で発表されている免疫賦活作用や感染症予防試験に関する情報、発酵食自体が体によさそう、というイメージが影響を与えたようだ。一方、世界で免疫維持に必須のビタミンとして注目を集めている「ビタミンD」はその機能性が日本ではあまり知られていなかった。だが日本でも、手軽にビタミンDが摂取できるサプリメントの売り上げは急増し、前年比の売り上げが2倍以上になった商品もあるという。 「ビタミンDは米国では免疫を高める働きによって注目され、2019年に購入されたサプリメント第1位となっている」と話すのは、国内外の健康食品業界のコンサルティングを手がけるグローバルニュートリショングループ代表取締役の武田猛さん。 2位のマグネシウムは通常の食事では不足しがちなミネラルで、2型糖尿病や心血管疾患のリスク抑制に関する研究結果が数多く発表されている。3位は日本に比べまだまだ魚食量が少ない米国で人気の魚油成分・オメガ3脂肪酸。中性脂肪値低下や認知機能改善に役立つとされる成分だ。 オメガ3とともに魚が主な摂取源になるビタミンDが首位となった理由について、武田さんは「05年以降、ヒトを対象としたビタミンDの研究報告が急増し、その重要性が広く認知されるようになった。論文数の増加に呼応するように、ビタミンDサプリメントの市場規模は05年から10年までで10倍に、19年には20倍にまで成長している」と分析する。ビタミンDサプリメントは米国で「免疫をサポート」「ストレスケア」と表示されて店頭に並んでいるという。 日本ではまだビタミンDサプリメントの知名度は低い一方、ウェブなどで新型コロナに有効ととれる広告表示が見られるため、消費者庁が注意喚起をしている。武田さんは「ビタミンDが新型コロナウイルスに有効、という研究報告は現時点では存在せず、商品に予防効果があるような表記をしてはならないのは当然。しかし、例えば抗ウイルス作用(後述)など信頼度の高いエビデンスも発表されているので、度を越した広告が本来、評価されて良いはずの成分の信用低下につながることを危惧している」と話す。

【関連記事】