Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

有森也実 結婚は「ないです」フリー転身後初の公の場オンライン会見…私生活の質問が飛び苦笑い

配信

中日スポーツ

 5月末で所属事務所から独立してフリーに転身した女優の有森也実(52)が22日、転身後初の公の場となる「あの子にまなびをつなぐプロジェクト」オンライン記者会見に出席。「女優業も続け、ボランティアのようなこともやっていきたい」と語り、記者から結婚など私生活の質問が飛ぶと「ないです」と苦笑していた。  同プロジェクトは民間非営利団体(NPO)カタリバの新事業で、コロナ禍で困窮する子どもたちにパソコンなどのオンライン環境を無償で貸し出して学習支援などを行っていく。  公開中の映画「子どもたちをよろしく」で主人公の母親を演じた有森は「いつからか非常に格差が出てきて、子どもは気を使って見えないようにする。それが恐ろしい」と強調。「私のような者でも力になれたら。子どもに本を読んであげたり、クラシックバレエを教えてあげたり。芸能の仕事をしている方々の賛同も得たい」と話した。  会見には村上ファンドを率いた村上世彰さんの長女で村上財団代表理事の村上絢さんも出席。シンガポールで2児を育てながら完全ロックダウンを経験したことも明かし「パソコンがなかったら確実に社会と断絶してしまう」と訴えた。

【関連記事】