Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三谷幸喜脚本×香取慎吾主演Amazonドラマシリーズに稲垣吾郎が出演 二人の絶妙な掛け合いが7年ぶり実現

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 三谷幸喜が脚本・監督、香取慎吾が主演を務めるAmazon Originalドラマ・シリーズ「誰かが、見ている」が、9月18日(金)よりAmazon Prime Videoにてプライム会員向けに独占配信開始。この度、稲垣吾郎が本作へ出演することが発表されています。  これまで何度もタッグを組んできた三谷×香取による本ドラマは、何をやってもドジばかりの青年・舎人真一(香取)と、“壁の穴”から真一のドジっぷりを覗き見ることをひそかな楽しみにしているマンションの隣人・粕谷次郎(佐藤二朗)が繰り広げるドタバタ劇が、やがてとんでもない事態へと発展していくというシチュエーション・コメディ。  今回稲垣が演じるのは世界的な人気を誇る日本の演歌歌手“レッツ大納言”。なぜか真一のファンになって彼のもとへ押しかけ、真一の毎日に大きなうねりをもたらしていくという奇妙かつ重要な役どころ。絶妙な掛け合いを見せる香取と稲垣の共演は意外にも少なく、2013年放送の三谷脚本・演出「『古畑 VS SMAP』その後…」以来7年ぶり。ちなみに、稲垣の三谷演出・脚本作品への出演も同じく7年ぶりとなります。  これまで“役者”としてはあまり共演することがなかった2人は、今回の共演について「吾郎ちゃんと一緒にセリフを言い合う芝居は、ほぼ初めてに近かったのですごく新鮮でしたね」(香取)、「いつも隣にいて、歌ったり踊ったりしているときの彼とは違うので、面白かったし、嬉しかったです」(稲垣)とコメントしています。  また、2人の共演を間近で見ていた粕谷役の佐藤二朗は「おそらく外からでは想像もつかないような強い絆や、ご両人だけの長い歴史があると思います。“ああ、二人の掛け合いがこんな近くで見られるなんてラッキーだな”と感じていました」と撮影時を振り返っています。  数々の作品で日本に“笑い”を届けてきた三谷と、バラエティやドラマ、舞台で様々な個性的で強烈なキャラクターを演じてきた香取、そして脇を固める実力派キャストたち。日本が誇るスタッフ、キャストがAmazonと組んで仕掛ける新たな挑戦に注目です。

【関連記事】