Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

業界初の対局「木村王位VS視聴者」が実現!日本将棋連盟会長「ご自宅でも将棋の面白さ、楽しさを今まで以上に感じて頂ければ」

配信

ザテレビジョン

世界初として話題を呼んだ“ビデオチャット対局”企画「おうちでAbemaTVトーナメント」の第二弾が、5月29日(金)午後1時よりABEMAの将棋チャンネルで生中継されることが決定。斬新な企画内容が発表された。 【写真を見る】出演棋士、14名一覧<第二回 おうちでAbemaTVトーナメント> 4月30日より2日間にわたり放送された「おうちでAbemaTVトーナメント2DAYS」の好評を受け、続編として配信が決定。将棋界の早指し王を決定するABEMAオリジナル対局番組「第3回AbemaTVトーナメント」のスピンオフ企画である本番組は、日本将棋連盟の佐藤康光会長がキュレーターとなり、様々な企画を実施。AbemaTV独自の“フィッシャールール(※)”も話題を呼んでいる。 ※AbemaTVルール…持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用。1対局約30分と初心者でも楽しみやすくスピーディー、さらに何が起こるかわからないスリリングな展開が見どころ 今回の「第二回 おうちでAbemaTVトーナメント」企画は下記の通り。 ■ ■チーム糸谷(フォーカス+1)最強決定戦 今回は、ドラフト会議で生まれた話題のチーム、糸谷哲郎八段が率いるチーム糸谷(フォーカス+1)が総当たり戦を展開。高見泰地七段、都成竜馬六段と糸谷八段の3人が「チーム内最強」を決めるべく総当たり戦を行う。解説には谷川浩司九段が登場。 ■ ■将棋界貫禄ある対決 「将棋界貫禄ある対決」と銘打ち、中川大輔八段と田村康介七段が登場する。中川八段は、通算勝利数がまもなく700勝に到達するベテラン棋士。田村七段は“マッハ田村”の異名を持つ超早指しで有名。 ■ ■実力派女流棋士対決 実力派女流棋士対決として、室谷由紀女流三段と渡部愛女流三段が登場。室谷女流三段は、トップ女流棋士として長く活躍し、今年も女流名人タイトルに挑戦した。対する渡部女流三段は、昨年タイトルこそ失ったが、男性棋戦にも登場し、棋士から4勝を挙げる活躍を残すなど、タイトル返り咲きも期待される存在。 ■ ■爆笑必至!の三番勝負 中田功八段、豊川孝弘七段が登場。九州同士で仲良いこの二人が、会話をしながらフィッシャールールで対決する。解説には木村一基王位、聞き手として中田八段の弟子である武富礼衣女流初段が登場。武富女流初段がお題を中田八段、豊川七段のどちらかに質問をして、答えながら対局するという新しい試みだ。 ■ ■木村王位VS視聴者 将棋界では初めて、一般視聴者がタイトルホルダー棋士に挑戦するという、「木村王位VS視聴者」のエキシビションマッチ。ABEMAのコメント欄やTwitterなどに次の一手をリアルタイムに投稿、視聴者の一手を4択アンケートで集計し、一番多い手を奨励会小山泰希初段が視聴者代表として指す。初手からは木村王位は1手30秒、視聴者は2分を目安に指していく。 ■ 日本将棋連盟・佐藤康光会長コメント 前回、GW中に企画いたしました「おうちでAbemaTVトーナメント」は大変ご好評をいただきました。誠にありがとうございました。 今回はその第2弾となります。 新型コロナウイルスの対応で新たな生活様式も生まれている中、将棋愛好家の皆様にはご自宅でも将棋の面白さ、楽しさを今まで以上に感じて頂ければと考えております。 引き続き早指しフィッシャールールによる、思わぬ展開が次々と現れる新鮮さ、そして木村王位 対 視聴者という斬新な企画をお楽しみいただければ幸いです。今後ともよろしくお願い申し上げます。(ザテレビジョン)

【関連記事】