Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

奇跡!天才!「パヴァロッティ 太陽のテノール」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラジトピ ラジオ関西トピックス

 歌を愛し、人生を愛し、そしてパスタを愛したオペラ歌手、ルチアーノ・パヴァロッティ。「神の声」と称賛されたイタリアの国宝、その素顔に迫るドキュメンタリー映画。  映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』が、9月4日(金)からシネ・リーブル神戸、TOHOシネマズ西宮OSなどでロードショー。  1935年、イタリアのモデナに生まれたルチアーノ・パヴァロッティ。彼は力強く美しい声と、芳醇な声量を持つオペラ歌手だ。「ハイC」と呼ばれる高音を軽々と出し、並外れた音域を持つ、オペラの神に愛された歌手、人類史上最高の歌声として世界中のファンの耳を虜にしてきた。そのパヴァロッティが人々に愛されたのは、その歌唱力だけではなく、高い人間力にあった!  今作で観られるのは「ラ・ボエーム」「トスカ」など絶頂期のパフォーマンスや、『トゥーランドット』の「誰も寝てはならぬ」をはじめとする、名曲を披露した伝説のステージ。そして、イギリス王妃だった故ダイアナ妃との交流や、ボランティア活動、家族との生活といった、パヴァロッティの人柄についてもたっぷりと触れられている。  さらに、インタビュー映像として23人を取材している。ロックバンド「U2」のボノは、パヴァロッティのアーティストとしての信念を証言。マネージャーやエージェントは、ショービジネスの裏側を明かしている。前妻、最後の妻、3人の娘たちや愛人は、天才・パヴァロッティの素顔を告白する。  監督は、アカデミー賞の受賞歴を持つロン・ハワード。同じく、アカデミー賞受賞作に携わった録音技師を迎え入れ、最新音響技術を用いて、至福の歌声をスクリーンに甦らせた。日本のテノール歌手、秋川雅史は「新たなパヴァロッティの姿を知ることができる、貴重すぎる映像ばかり」とコメントするなど、著名人から絶賛と感動を呼んでいる。  太陽のような歌声で、世界を照らしたパヴァロッティ。今明かされる、その素顔とは――。映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』は、9月4日(金) ロードショー。 配給:ギャガ (C) 2019 Polygram Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

ラジオ関西

【関連記事】