Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

窪塚洋介&小関裕太が角川春樹監督との初顔合わせを語る 『みをつくし料理帖』インタビュー映像

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 10月16日公開予定の『みをつくし料理帖』より、窪塚洋介と小関裕太のインタビュー映像が公開された。 【動画】窪塚洋介&小関裕太インタビュー映像   高田郁による同名小説の刊行10周年を記念し、角川春樹の生涯最後の監督作として製作される本作は、幾度となく訪れる艱難辛苦を乗り越えながら、料理に真摯に向き合い、運命を切り開いていく女料理人の成長と、不変の友情を描いた爽快な物語。  主演の松本穂香が主人公の澪を演じ、奈緒が友人の野江役を務めるほか、中村獅童、若村麻由美、浅野温子、藤井隆、石坂浩二、衛藤美彩、反町隆史らが出演する。  劇中で主人公・澪を温かく見守る2人の男性、御膳奉行の小松原を演じた窪塚と、町医者・永田源斉を演じた小関。2人とも角川監督とは初顔合わせでの出演となった。窪塚は、角川監督に会えることを楽しみにし、原作から力と癒しをもらい、出演できることに舞い上がるような気持ちになったと出演依頼の当時を振り返える。また、脚本の読み合わせから澪を演じた松本を心が揺さぶられる女優さんだったと印象を語り、現場では澪のファンでしたと語っている。  一方の小関は、角川監督に「原作に忠実に」と演技について話をされたことを明かしている。また、劇中の料理についても語っており、撮影後に食べた「しぐれ煮」がとても美味しかったと笑顔で答え、料理だけでなく人との関りも味わい深い作品だと語っている。

リアルサウンド編集部

【関連記事】