Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

行楽地の人“どこから来たか”を分析…釣り客が多数いた愛知の漁港は地元『5.6%』 伊勢神宮には関東からも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
東海テレビ

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、東海地方でも各自治体が来訪しないよう呼びかけています。 “外出自粛”の中「少し位いいかと…」愛知の海に多くの行楽客 営業続けるキャバクラやパチンコ店も  実際に移動はなくなっているのか、4月25日の土曜日と26日の日曜日で、愛知と三重の一部のエリアを訪れた人のデータを、KDDIの協力を得て分析しました。  調査は、auのスマートフォンユーザーの位置情報から分析する「KDDI Location Analyzer」でデータを抽出。緊急事態宣言後も来訪者が多い地域や、感染が広がっても対応が困難だという離島など、次の7か所について調査の依頼をしました。

■愛知県

・知多市の新舞子マリンパーク ・南知多町の豊浜漁港 ・南知多町の日間賀島 ・南知多町の篠島

■三重県

・伊勢市の伊勢神宮 内宮 ・伊勢市の伊勢神宮 外宮 ・南伊勢町の礫浦地区

【知多市の新舞子マリンパーク】

 地元・知多市の来訪者はわずか12.2%で、最も多かったのは名古屋市の45.4%。その他は県内各地からの訪問が確認されましたが、一部で大阪府からの訪問もあったようです。

【南知多町の豊浜漁港】

 釣り客に人気の豊浜漁港は、地元・南知多町からの来訪は5.6%。最も多かったのは名古屋市からの24.9%でした。そのほかでは、県内各地からの訪問が確認されましたが、岐阜からも8.3%の来訪がありました。また、一部で京都府からの来訪もあったとみられています。

【南知多町の日間賀島・篠島】

 愛知県の離島のこの2島については似たような結果となっていて、いずれも約75%が地元・南知多町の人で、残りは県内からでした。

【伊勢市の伊勢神宮・内宮と外宮】

 三重県や伊勢市は観光に訪れないよう強く呼びかけていますが、4月25日と26日も伊勢神宮の参拝客が一定程度確認されています。このうち、内宮では地元・伊勢市からの来訪者は28.5%、三重県全体では56.6%でした。他府県からの来訪もあり、愛知県の14.0%のほか、大阪府、千葉県、岐阜県、静岡県、奈良県から訪問があったとみられています。  一方、外宮では約40%が伊勢市からの来訪者で、県内全体では63.6%。愛知県、千葉県からそれぞれ15%前後の来訪者があり、大阪府からも訪問が確認されました。

【関連記事】