Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【すべてが先代以上】最新8代目 フォルクスワーゲン・ゴルフGTIへ試乗 前編

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AUTOCAR JAPAN

44年目を迎えるゴルフGTI

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル) translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)   フォルクスワーゲン・ゴルフGTIの発売が始まってから44年が経つ。初代が登場したのは1976年。当初から後継モデルへと受け継がれる、基本レシピを完成させていた。 【写真】ゴルフGTI ライバル・ホットハッチ (143枚) ゴルフのシンプルなスタイリングはそのままに、動的性能を大幅に引き上げた、特別なクルマだった。ありきたりな表現だが、ホットハッチのアイコンと呼ぶに相応しいモデルだと思う。 最近のフォルクスワーゲンにとって「GTI」はゴルフを超え、高性能なハッチバックを示す代名詞にもなっている。読者の関心も強いであろう、そんな最新のGTIが、2020年末に英国へ上陸する。 8代目となるゴルフGTIに搭載されるのは、先代から引き継がれる2.0Lの直列4気筒ターボ。EA888型と呼ばれるユニットで、最新のGTIに向けて改良を受けた。最高出力は245psで、先代のGTIパフォーマンスと同じパワーを得ている。 シャシー周りにも手が入り、電子制御のビークル・ダイナミクス・マネージャー(VDM)を採用。アダプティブ・ダンパーを含む、複数のシャシー・コンポーネントをネットワーク化し、従来以上に高速で制御する。 プラットフォームは7代目同様にMQB。技術的には、全面的な改良が施されている。 まずは見た目から触れていこう。標準のゴルフと比較すると、デザイン的な違いは先代以上に強い。フロント周りは特に顕著で、バンパーに内蔵される、片側5灯の六角形フォグランプが特徴だろう。

GTIを主張する新鮮なフロントマスク

GTIを象徴する赤いストライプと並ぶ、フロントの幅いっぱいに伸びたLEDデイライトも個性的。フロントグリルを横断し、左右のライトを結んでいる。新しいゴルフGTIであることを主張し、夜間の誘目性も高い。 ボディ随所には小さなGTIのエンブレムが入る。グリル内のほか、フロントフェンダーの後端やサイドシル・カバーなどだ。 リアでは、テールライトの点灯部分がGTI専用の造形に。リアハッチ中央には、クロームメッキされたGTIの大きなロゴがあしらわれる。バンパーの造形は標準のゴルフと同じだが、ブラックアウトされた下端部分はGTI専用のデザインとなる。 左右2本出しの円形マフラーエンドは、7代目と比較して外側に配置。幅広感や安定感を強めている。 インテリアで標準のゴルフとの違いは、従来通り限定的。8代目共通の特徴として、デジタル指向が強められている。 メーターパネルには10.25インチのモニターが収まり、グラフィック・デザインはGTI専用。標準で8.25インチ、オプションで10.25インチのインフォテインメント用モニターには、フォルクスワーゲン最新のコネクティビティ機能を実装する。 タッチセンサー式のコントロール系も、ゴルフとして共通。ずんぐりとしたシフトレバーが、センターコンソールから伸びる。試乗車に搭載されていたトランスミッションは、7速デュアルクラッチATだった。

【関連記事】