Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広島県内で新たに計7人感染、うち1人は重症 新型コロナ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中国新聞デジタル

 広島、呉、福山の3市は3日、新たに計7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。広島市が公表した80代の1人は症状が重く、感染の再拡大に入った7月1日以降の市の公表分で初の重症者という。再陽性を除く広島県内の感染者の累計は361人(広島市227人、呉市8人、福山市52人)となった。 【グラフィック】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数  広島市は5人を発表し、80代の1人は重い肺炎という。7月25日にのどの痛み、28日にせきの症状が出て、今月1日に市内の病院へ救急搬送されていた。  ほかの4人のうち1人は20代のボートレース選手男性。県がクラスター(感染者集団)とした廿日市市の「ボートレース宮島」で7月21~27日、レースのために専用の宿泊施設に滞在した。27日夜には選手同士が広島市で会食していた。  安佐南区の市立小学校の放課後児童クラブを巡る感染の広がりでは、2日に公表した小学生2人の同級生や教諭たち計43人を新たに検査し、結果が判明していない同級生1人と指導員1人を除く計41人が陰性だったと説明した。広がりがなければ学校とクラブを6日に再開するとしている。  呉市は20代の女性1人の感染を発表した。3日の検査で陽性となり、現在は軽症という。  福山市は1人で、20代の男性。2日に児童の感染を確認した新市小では、児童と教職員の計54人が検査対象とした上で、さらに増える可能性があるとした。

中国新聞社

【関連記事】