Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

筒香のレイズが10年ぶり地区V PSは「粘りの1番打者」として期待

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

 レイズ・筒香嘉智(28)が、渡米1年目で地区優勝の美酒を味わった。今季は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、恒例のシャンパンファイトは禁じられているものの、23日(日本時間24日)のメッツ戦で、2010年以来の地区優勝を決めると、紙吹雪が舞う中、ナインとともにハイタッチを交わして祝福した。  今季の筒香は三塁、左翼の複数ポジションをこなし、48試合に出場して149打数29安打の打率・195、8本塁打、23打点。古巣DeNA時代の16年に2冠(本塁打、打点)を獲得した長距離砲の割には物足りない数字だが、地味ながら貴重な働きで打線を牽引した。  筒香は17日(同18日)のオリオールズ戦で初めて1番で起用されると、その後の5試合でリードオフマンを務めた。レイズは球団の方針から、1番打者には相手投手に少しでも多くの球数を投げさせる役割を徹底させている。08年に1番を打ち、球団史上初のワールドシリーズ進出に貢献した岩村明憲(現独立リーグ福島監督)も、当時のジョー・マドン監督(現エンゼルス)から「もっと投げさせて、うちの打者に相手投手の球筋を見せてやってくれ」と口を酸っぱくして言われたそうだ。  筒香は、そのチーム方針に従い、リードオフマンを任されて以降、打席で粘るようになった。1番で出場した5試合計21打席で、相手投手に投げさせた球数は90球。1打席あたり4・29球。これは他球団のリードオフマンで現在、首位打者争いを繰り広げるヤンキース・ルメイヒュー内野手(打率・360)の3・9球、ホワイトソックス・アンダーソン内野手(同・346)の3・5球と比べても際立った数字。23四球はチームトップタイだ。  キャッシュ監督は29日(同30日)からのワイルドカードシリーズ(3回戦制)でも、筒香の1番起用を示唆している。  打率2割前後と低迷していても、ポストシーズンでは打席で粘りを発揮するに違いない。

【関連記事】