Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

闇の中で聞いた樺美智子の悲鳴 60年安保を生きた東大同級生の回想

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 今年は60年安保闘争から60年の節目の年だが、当時を知る人が少なくなったうえに、コロナ禍の影響もあって関連報道が少ない。中止や縮小開催に追いこまれたイベントもある。  それでも6月10日、「戦争NO!安保60の会」主催で記念講演会が、国会近くの憲政記念館で開かれた。大学生のとき、その闘争を体験した作家の保阪正康さんが講演で「わたしたちが真にあの体験で何を得たのかを、きちんと語り継いでいないことに弱さがある」と語った。  炎天の6月15日には「9条改憲阻止の会」主催の「樺(かんば)美智子追悼集会」があった。彼女が斃(たお)れた国会南門に遺影を供えて献花、黙祷したが、70人ほどの参加者はシニア世代ばかりで、若い人の姿はほとんどなかった。  60年前、国民運動とも言われる反政府運動があり、学生や労働者や市民が安保反対・岸内閣退陣を要求して国会議事堂を十重二十重に取り囲んだ。樺美智子は6月15日、国会構内に突入して亡くなる。彼女はなぜ実力行使に出たのか。その理由も今ではあまり理解されていないように思う。のちの全共闘運動と混同している人も多い。

 樺美智子と当時の学生運動を知るために1冊の本を紹介したい。  長野県松本市の図書館長などを務めた手塚英男さんが、この4月に同時代社から刊行した『薔薇雨(ばらう)1960年6月』である。「薔薇雨」は樺が亡くなった6月の雨に手塚さんが与えた名。「樺美智子との出会い・共闘・論争そして訣別」というサブタイトルのとおり、樺と東大で同級生だった著者の体験を、小説の形で描いている。著者は「私」、樺は「彼女」として物語が展開する。  1957年に東大文科二類(現在の三類)に入学した2人は、イギリスの水爆実験に反対するデモで出会い、米軍立川基地の拡張に反対する「砂川闘争」でもスクラムを組む。  「私」はアルバイトをしながら、セツルメント活動(学生の地域ボランティア活動)に打ち込み、「彼女」は歴史研究会に所属して歴史を動かす原理の探求を目指す。2人は前後して日本共産党に入党、迫り来る安保闘争を予感しつつ、教員に対する勤務評定に反対する日教組の勤評闘争や警察官の権限を強化する警職法反対闘争を共に闘う。だが、やがて訣別のときがくる。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS