Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最大約1600mの高度差をドローンで山小屋へ物資配送に成功 楽天参画の白馬村山岳ドローン物流実用化協議会

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

楽天は、白馬村山岳ドローン物流実用化協議会の一員として、長野県白馬村の白馬岳の登山口にある「猿倉荘」から、山頂にある山岳宿舎「白馬山荘」および白馬岳頂上宿舎までの、最大約1600mの高度差におけるドローンを活用した目視外飛行での物資配送の実証実験に成功したと発表した。 離陸地点と着陸地点の高度差が約1600mある場所での、ドローンによる物資配送の実現は、国内初の事例となるとのことだ。 今回の実証実験は、長野県白馬村を含む11の企業・団体・自治体が参画する同協議会が、山岳エリアの抱える物資輸送における課題解決を目指し、8月中旬から9月中旬までの約1か月にわたり実施したもの。 同実証実験で、楽天はドローンの配送ソリューションの提供や運用を担当したという。 長野県白馬村の白馬岳(標高2932m)の登山口にある猿倉荘(標高1250m)から、山岳宿舎の白馬山荘(標高2832m)および白馬岳頂上宿舎(標高2730m)までの片道約5kmをドローンの配送ルートとし、振動により傷みが生じやすい桃や梨など最大5kgの物資を、傷つけることなく無事に配送したとのことだ。 また、従来の輸送手段であった歩荷で約7時間かかるところを、ドローンでは約15分の飛行時間にまで短縮できたとしている。 なお、白馬山荘から猿倉荘への復路では、建築廃材などを配送ボックスに積み込み、配送を行ったとのことだ。 山岳エリアに位置する長野県白馬村においては、山荘間での物資輸送は大きな課題となっているという。現在、スタッフによる歩荷輸送やヘリコプターによる物資輸送を行っているが、険しい道のりでの歩荷輸送は危険が伴い、ヘリコプターによる荷揚げは費用が高騰している。 さらに、白馬山荘までの飛行ルートは、上昇気流や下降気流が急に発生する複雑な地形特性に加え、高度上空における空気の薄さから、正確な飛行のためには機体の高い揚力性能が必要とされ、天候不順時にはヘリコプターの飛行自体が不可能になることもあるとのことだ。 同協議会は2018年より、従来の手法よりも効率的かつ危険性の低いドローンを活用した物資配送の実証実験に取り組んできた。 楽天は2020年から同協議会に参画。同社は、これまで「ドローン配送による物流困難者の支援」を事業目標のひとつに掲げており、離島など物流困難地域に住む人々を支援するため、実証実験や新たな物流ソリューションの提供を、日本全国の12の県で実施してきたという。 このたび成功した山岳エリアにおける物流支援は、白馬村のみならず日本各地の山岳エリアで共通する課題を解決する一助となる可能性があり、今後は実証実験で得た知見を全国の山岳エリアでのドローン配送ソリューションの提供拡大に向けて生かしていくとしている。 また、将来的に地元地域の人材が活用・運用できるオペレーション体制の確立と、それに伴う地域雇用の創出を目指すとのことだ。 同社は、今後も、サービス提供や実証実験を重ねながら、新たな配送手段として期待されるドローンを活用した物流サービスの社会実装に取り組んでいくとしている。

【関連記事】