Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大学サッカー開幕! 関東大学リーグ全24主将がオンライン記者会見で示した断固たる覚悟

配信

4years.

関東大学サッカーは7月4日に2部リーグ、翌5日に1部リーグが、それぞれ開幕を迎える。プロも含めて多くのスポーツが新型コロナウイルスの感染拡大防止のため延期や中止を余儀なくされている中、断固たる覚悟を持って一歩を踏み出す。6月29日には1部と2部に所属する各12チームの主将24人がオンライン会見に出席し、待ちわびたリーグ戦への思いを語った。

他競技にも大会運営の見本になれるように

本来であれば関東大学サッカーリーグは4月4日に開幕するはずだったが、2度にわたり延期を余儀なくされた。大学生の夏の全国大会である総理大臣杯も、すでに中止が決定されている。リーグ参加チームにも、大学によってはまだキャンパスが封鎖されているところもある。そのため1部リーグの2校(筑波大学、順天堂大学)と2部リーグの7校(東洋大学、日本体育大学、関東学院大学、産業能率大学、青山学院大学、立教大学、明治学院大学)の第1、2節の対戦カードは延期となる。 関東大学サッカー連盟では、各チームの監督との対話や理事会内での話し合いを重ね、「何とか成功して、各競技団体、またサッカーの他のカテゴリーでも、こういうやり方をすれば大会ができるんだという見本にもなるように」(中野雄二理事長)との思いも込めて、開催を決断した。 前期については茨城県内のグラウンドでの無観客による集中開催とし、公共交通機関を使わずに専用のバスで選手を会場入りさせるなど、感染予防に万全を期する。日程も、もしも感染第2波が訪れた場合に備えて、来年2月28日までを予備期間を取った。多くの懸念を乗り越えての開催に、各チームの主将たちは感謝の言葉を述べていた。

明大「昨年の勝ち点56を超えたい」

1部リーグでは、やはり昨年の3冠王者・明治大学が中心となっていくことが予想される。昨年は18勝2分け2敗と、2位の桐蔭横浜大学に勝ち点14差をつけてタイトルを勝ち取った。主将のDF須貝英大(4年、浜松開誠館)は、「昨年の勝ち点56を超えたい。失点20未満を目標に、連覇を目指して頑張りたい」と、22試合で48得点14失点と安定した昨年の成績にさらに上乗せを図る。 目指すスタイルは、「ハイプレス、ショートカウンターを追求して、強くてうまいサッカー。また球際の強さと攻守の切り替え、運動量をベースとした流動性のあるインテンシティの高いサッカー」。まずは、パワフルなサッカーを展開する駒澤大学との初戦に挑む。

【関連記事】