Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【プレイバック】MF杉浦篤生の2発で関西学院が昇格王手!

配信

高校サッカードットコム

大会開催の中止・延期が相次ぐが、サッカーの炎は絶やすな! 過去の熱線をプレイバック! 【フォトギャラリー】関西学院 vs 五條 【2019.10.14 高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ2019プリンスリーグ関西 プレーオフ 1回戦 関西学院 vs 五條】  高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2019プリンスリーグ関西プレーオフ(参入戦)の1回戦が14日に行われ、関西学院(兵庫1)と五條(奈良2)が対戦。MF杉浦篤生(3年)の2ゴールによって、関西学院が2-1で勝利し、2回戦へと駒を進めた。  来季のプリンス関西昇格に近づく一戦との意味合いだけでなく、両チームには負けられない理由があった。関西学院の山根誠監督と五條の吉岡一也監督は中京大の同級生。試合前には、双方が「仲が良いけど負けたくない」と口にしていた一戦は早い段階で試合が動く。  主将のDF網谷周世(3年)が怪我でベンチスタートとなっただけでなく、ウォーミングアップ中にスタメンを予定していたGK衣笠吉彦(3年)のコンディション不良が発覚し、急きょメンバーを変更。スクランブル状態でのスタートなった関学だったが、立ち上がりから吉岡監督が「彼の所に入ればボールキープできるのでタメが作れる」と信頼を寄せるFW望月想空(3年)のポストプレーを起点に右サイドから見せ場を作った。前半11分にはセンターサークル付近でボールを持った杉浦が相手に囲まれながらも前方にパスを入れるとスペースで反応した望月がドリブルで右サイドを前進。ゴール前に入れたボールを後方から走りこんだ杉浦がスライディングで合わせて、関学が幸先よく試合を動かした。  以降も関学は「2年生からコンビでオーバーラップも徹底して練習している。チームのストロングポイントであるのは間違いない」と望月が評する杉浦とDF志水隆聖(3年)のコンビネーションによって、右サイドからチャンスを演出。3列目からもMF山口隆之介(3年)が前線に顔を出し、五條を押し込んだ。見せ場を作りながら追加点が奪えない時間が続いたが、前半44分には左クロスのこぼれ球を杉浦が左足ボレーで押し込んだ。  2点のビハインドを背負って後半を迎えた五條はインターハイのレギュラー4名がスタメンから外れた影響もあり、序盤はスピードに戸惑う場面が見られたが、試合が進むにつれて改善。前半40分にはMF和田谷蓮貴(2年)のスルーパスからFW井澤悠(3年)がGKと1対1の場面を迎えるなど時間の経過と共にチーム状態は上を向き、吉岡監督は「2点獲られたけど3点獲るチャンスは作れていたので1点獲れば何とかなると思っていた」と振り返る。  後半は交代枠をフル活用しながら、攻撃のギアを上げると後半23分にはゴール前の密集から井澤が抜け出し、シュート。この一撃はDFに当たってCKとなったが、MF瀬羅威吹(3年)が上げたリスタートをDF水津直斗(2年)が合わせて1点を返した。以降も五條が見せ場を作ったが、関西学院の守備を崩しきれず、2-1でタイムアップ。勝った関西学院の山根監督は「先制点と追加点を獲れたから、最後まで集中力を保って守り切れた。サブ組もよく頑張ってくれた」と選手を称えた。  勝った関西学院は2回戦で初芝橋本(和歌山1)と対戦する。インターハイ8強の難敵だが、望月が「『最強の代にしよう』、『プリンスに上げて(チームの)歴史を変えよう』と選手同士にいつも言っている」と意気込んだように関西学院の選手には勝利しか見えていない。

【関連記事】