Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

木村拓哉の“芝居の魅力“を、爆笑問題・太田が分析!「共演者が輝くんだよね」

配信

TOKYO FM+

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。7月のゲストには、爆笑問題の太田光さんが登場。7月12日(日)の放送では、木村の芝居の話題などで盛り上がりました。

◆ともに長年にわたりパーソナリティを担当

この日は、2人の共通点であるラジオパーソナリティにちなんで、ラジオにまつわる話題に。先日、爆笑問題は冠ラジオ番組(「JUNK爆笑問題カーボーイ」と「爆笑問題の日曜サンデー」)のパーソナリティとして、「第57回ギャラクシー賞」ラジオ部門のDJパーソナリティ賞を受賞したばかり。 木村が「すごいじゃないですか!」と褒めちぎると、太田さんは「もらってないだろ、お前!? だっせぇ~な!」と高笑いしながら誇らしげな様子。 「JUNK爆笑問題カーボーイ」の番組開始は1997年4月と、太田さんは20年以上にわたりパーソナリティをつとめています。一方、木村も「木村拓哉のWhat's UP SMAP!」では1995年1月からおよそ23年半にわたりパーソナリティをつとめ、2018年8月より本番組を担っているだけに、「へぇ~、すごいね!」と舌を巻く太田さん。

◆太田「木村拓哉の共演者は輝くんだよね」

そして、トークは木村の芝居の話題に。太田さんは、「木村拓哉の共演者は輝くんだよね。普段、ほかの作品だとあまり気がつかないんだけど、木村拓哉と共演するとその人の魅力が輝く。そこが木村拓哉の魅力だと思うよ、俺は。だからみんな一緒にやりたがるんじゃない?」と絶賛。 これに対し、木村は「いや、そんなことないですよ。みんなすごく熱く作業してくれて、本当に現場自体が温かいので、いつもありがたいなと思っています」と謙遜します。 太田さんは「でもそれは、座長としての魅力もあるんだと思うよ」とうなずきつつ、「だってほかの作品じゃ大した演技しない奴らがさ……(笑)」と毒舌が。木村が「誰だ(苦笑)!? 言えんのか、それはっ!」と困り果てた様子。 さらに太田さんは、「誰とは言わないけどさ(笑)、うちの田中(裕二)なんかもそうだよ。『MR.BRAIN(ミスターブレイン)』(TBS系/木村の主演ドラマ)に出ていて、田中すら良く見えたもんね! なんとなく魔法がかかるみたいなのがあるんじゃない?」と話が止まりません。 続けて、「黒澤明監督の映画もそうじゃない!? 黒澤さんが撮ると、普段それほど気に留めていなかった役者さんが、みんなキラキラして見えるんだよね」と黒澤作品を引き合いに、「なんかそういう現場においての“存在感”というのは、“この人には絶対に良く見られたい”とかさ、みんなそういう思いが薄っすらとあるんだと思うよ」と持論を展開。 「手を抜かないんじゃないですか」と答える木村に、「うん、それは座長が手を抜かないから」と太田さん。その言葉に、木村が「もしそうだとしたら、うれしいし、ありがたい」と素直によろこぶと、太田さんは「次の作品、俺も共演待ってるよ!」と名乗りを上げていました。 (TOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」7月12日(日)放送より)

【関連記事】