Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

岐阜の夏の風物詩「長良川鵜飼」新型コロナの影響で開幕延期 天候以外の理由では戦後初

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中京テレビNEWS

 「長良川鵜飼」は、新型コロナウイルスの影響で今月11日の開幕が延期されることになりました。天候以外の理由で延期されるのは戦後初ということです。  1300年以上の歴史がある岐阜市の「長良川鵜飼」は、毎年5月11日に開幕し、10月15日まで行われ、多くの見物客でにぎわいます。  鵜匠代表によりますと、国の緊急事態宣言の延長に伴い県と市の外出自粛の要請についても、延長されたことを受けて、6日、開幕延期を決断したということです。  岐阜市による「鵜飼観覧船」は、すでに運航延期が決まっていましたが、鵜飼い漁を行うことで、河原に人が集まる可能性があるため、延期することにしたということです。  延期に伴って開幕初日にとれるアユの宮内庁への献上も行われません。  天候以外の理由で鵜飼いの開幕が延期になるのは、戦後初ということで、鵜匠代表の杉山雅彦さんは、「鵜飼いは岐阜の夏の風物詩のため、開幕延期は苦渋の決断だった。準備は万全にできているので、早い時期に我々の姿をお見せしたい」と話しました。

【関連記事】