Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

芥川賞と直木賞ってどんな賞? 創設85年で人気作家輩出、著名作家が漏れることも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 第163回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が15日、開かれた。芥川賞は高山羽根子さんの「首里の馬」と遠野遥さんの「破局」の2作が、直木賞は馳星周さんの「少年と犬」が選ばれた。受賞作がベストセラーになり受賞者も時の人になるなど大きく注目される芥川賞と直木賞とは、どんな賞なのだろうか?(共同通信=榎並秀嗣)  Q 賞の歴史や性格を教えて。  A 雑誌「文芸春秋」を創刊した菊池寛が、作家の芥川龍之介と直木三十五を記念して、1935年に創設した。正式名称は「芥川龍之介賞」と「直木三十五賞」という。ともに日本を代表する文学賞として知られている。  Q それぞれの賞が対象とするジャンルは。  A 芥川賞は芸術性に重きを置く「純文学」の新進作家の登竜門として位置づけられる。一方、直木賞は娯楽性に重きを置いている「大衆文学」が対象。新進・中堅の作家が執筆した作品から選ばれる。受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円が授与される。芥川賞の受賞作は「文藝春秋」に、直木賞の受賞作は「オール讀物」に掲載される。

 Q 今回受賞した3人について教えて。  A 高山さんは1975年富山市生まれ。2010年にSF作家としてデビューした。受賞作は沖縄を舞台に、主人公の女性と在来種の馬との奇妙な出会いを静かにつづった。  遠野さんは1991年神奈川県生まれで、2019年に文芸賞を受けデビュー。受賞作は、体育会系の男性の不気味なほどに迷いのない内面とその破綻を淡々とした筆致で描いた。  馳さんは1965年北海道生まれ。96年「不夜城」でデビュー後、数々の賞を獲得してきたベテランだ。7回目のノミネートでついに受賞を果たした。受賞作はさまざまな飼い主を渡り歩き、はるばると旅を続ける犬の道行きの先に、思わぬ真実が浮かぶ連作短編集だ。  Q 受賞作はどうやって決まる?  A 年2回、同じ日に開かれる選考委員会で選ばれる。選考委員会は作家で構成されている。選考の場所は東京・築地の料亭「新喜楽」だ。芥川賞が1階で、直木賞は2階で行われるのが慣例となっている。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS