Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ムスリムの恋愛観に寄り添うデートアプリが盛況、親戚の「チャット同伴」も

配信

AMP[アンプ]

デートアプリの普及は世界中の若者の出会いシーンを変えた。しかし、「Tinder」や「OkCupid」といった大手デートアプリは、欧米のカジュアルな恋愛観がベースとなっており、男女関係に保守的なムスリム(イスラム教徒)には、心理的ハードルが高い。 そんな中、ムスリムをターゲットとしたデートアプリが欧米で続々と現れているほか、エジプトではローカルな恋愛観に基づいた、ちょっと保守的なデートアプリが若者の間で大ウケしているという。

結婚相手は自分で選ぶ

「親戚のおばさんが勧める相手に会う時間なんてない!」と謳うのは、ムスリム専門のデートアプリ「Minder」。多くのイスラム文化圏では、家族や親戚を通じた「お見合い」が男女の出会いの機会となっているが、同アプリはそんな伝統的な方法よりも「効率的」な出会いをアピールしている。 欧米で590万人の登録者を持つ「Tinder」と名前も使い方もよく似ており、気に入った人の写真を右にスワイプ、気に入らなければ左にスワイプし、相手も自分を右にスワイプしたらチャットが開始できるシステムだ。 それでも欧米のカジュアルな男女関係をベースとしている「Tinder」とは違って、ユーザーが求めているのは、イスラム法にのっとった「ハラルデート」。 婚前交渉のような「ハラム(禁止)」事項を排除した清い交際が基本となっている。初めからムスリムの恋愛観を共有する相手だけがターゲットとされていることで、一般のデートアプリよりも安心感が高いのだ。 プロフィールの「宗教」の欄では、イスラム教の中でも「スンニ派」「シーア派」といった宗派まで書き込めるようになっているほか、信心度合いも「(イスラム法を)順守していない」から「非常に宗教的」まで表示できるようになっている。 また、「どのぐらい早く結婚したいか」という欄が設けられている点も「Tinder」と趣を異にしている。

「Muzmatch」もムスリムを対象としたデートアプリで、2015年の立ち上げ以来、登録者数はすでに190カ国、200万人に拡大した。これまで両親や周りのコミュニティの圧力にさらされていたムスリム男女の出会いと結婚に、変化をもたらすパイオニアとなることを目指している。 広報担当のSalma Ibrahim氏によると、若いムスリムたちは「アプリをダウンロードして、自分で相手を選ぶ」ことを表明しているという(中東情報専門サイト『albawaba』)。 出会いの媒介が親戚からアプリに代わっただけでなく、人生の決定権を自分の手中に収めたいという若い世代のムスリムの意思が、同アプリの急成長を支えている。

【関連記事】