Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「他人と被らない」「100万円以下」「魅力たっぷり」3つのワガママを叶える2000年代の中古輸入車5選

配信

WEB CARTOP

マニアックな魅力あふれるコンパクトカーも選べる

 クルマ好きにとって「人とは被らないクルマに乗りたい」というのもクルマを選ぶ際の理由になり得る要素の1つである。しかし「ただ被らなければいい」というものでもなく、クルマには何らかの魅力も必要だ。そんなクルマは2000年代の中古車には珍しくなく、それでいて中古車価格はリーズナブルなことも多い。今回は車両価格100万円まででそんな輸入車をピックアップしてみよう。 【写真】100万円以下でステータスを感じさせられる中古輸入車3台!

1)アウディA1(初代モデル)

 アウディA1はVWポロのアウディ版で、先代モデルとなる初代モデルはポロの先代モデルがベースとなる。先代A1には5ドアのスポーツバックに加え、ポロにはない3ドアハッチバックもあり、エンジンも1.2リッターターボが標準となるポロに対し、A1は1.4リッターターボが標準だ。そこに高品質なインテリアやアウディというブランド料が加わるためA1の新車価格はポロの50万円高といったところだった。  しかし、新車時とは対照的に3ドアが中古車になるとポロの中古車と大して変わらない50万円台ということがよくあり、3ドアという希少性やアウディブランドを考えたら、A1の中古車は値段の割に面白いチョイスだ。

2)BMW130i(初代モデル)

 BMW1シリーズはBMWにおいて最後のコンパクトFRとなった先代2代目モデルでも、100万円で買えるタマが多数流通している買いやすい輸入中古車だ。  そのなかでも買い得感はそれほどではない代わりにマニアックな魅力があるのが、初代モデルにあった3リッター6気筒NAエンジンを搭載する130iだ。ダウンサイジングターボが普及した今、新車で6気筒エンジン搭載車を買うのは高嶺の花である。  それが初代モデルのBMW130iなら年式は10年落ち以上となるが、多くはないものの100万円で選べるくらいは流通しており、コンパクトなボディに3リッター6気筒NAエンジンという組み合わせは大変通好みだ。さらにそのなかにはエンジンの魅力をより濃厚に味わえるMT車も意外に流通しているので、MTであれば一層、一目を置かれるに違いない。

【関連記事】