Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Netflixドラマ「FOLLOWERS」で、蜷川実花が世界に伝えたかったメッセージ

配信

WIRED.jp

世界各国からのローカルなオリジナル作品が増加するNetflixにおいて、日本から世界190カ国に同時配信されたドラマとして注目されている作品のひとつが、蜷川実花監督の「FOLLOWERS」だ。ひと目見て蜷川の作品とわかるヴィジュアルと、日本人女性の生き方を描いたストーリーが注目され、「日本のポップカルチャーのイメージを色彩美で表現したドラマシリーズ」と評価する海外メディアも多い。 【画像】Netflixドラマ「FOLLOWERS」をもっとみる 「FOLLOWERS」が海外メディアにも取り上げられている理由のひとつには、各国オリジナルのNetflix作品が増えていることも挙げられるだろう。アジアでは韓国、インド、シンガポールといった国からローカル色の溢れる作品が続々と配信されている。こうしたローカル色のある個性的なドラマのひとつとして、ポスト「全裸監督」を求める海外の視聴者に注目されたと考えていい。 だが、理由はそれだけではない。英国のウェブメディアHITCの記事は、FOLLOWERSについて「瞬く間に日本のファンの間で大ヒット。Netflixで公開されてからは、海外の視聴者からも人気を集めている」と紹介している。シーズン2を待ち望むファンの声も取り上げたうえで、「作品は現代女性のエンパワーメントに焦点を当てており、それを作品のなかで伝えていることを視聴者は賞賛している」と分析している。 つまり、日本のポップカルチャーの象徴でもある「東京」を舞台に間口を広げ、特にソーシャル意識の高いあらゆる国の女性視聴者層に“刺さった”ドラマとして、海外からも評価されているのだ。監督の蜷川も、こうした要素を作品の本質として求めていたようだ。作品のテーマである「リアルTOKYO」について語る言葉からも、その考えがうかがえる。 「女性たちのいまの気分をきちんと描くと同時に、ちゃんと東京の面白いところやきらびやかなところ、かっこいいところを世界中の人に見てもらえるものをつくりたいと思っていた」と、蜷川は語っている。

【関連記事】