Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

猛暑で気になる汗とにおい。どんなデオドラント剤を使ってる?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

そろそろ本格的に暑くなってきました。暑い季節になると、気になるのは汗のにおい。他人のにおいが気になると同時に、自分の体も汗臭いのではないかと、気になってしまいます。そこで、夏は特にデオドラント剤(制汗剤)を愛用している人は多いのではないでしょうか。 昔ながらのスプレータイプの他に、シートタイプ、ロールオンタイプ、スティックタイプなどさまざまな商品が売られていますよね。みんなはどれくらい汗とにおいを気にしているのでしょうか。

デオドラント剤市場は10年で10%以上の伸び。男女とも、汗とにおいを気にしている

株式会社インテージ(東京都千代田区)によると、2018年度のデオドラント剤の販売金額は417億円。10年前は374億円であったため、11%の伸びになります(※1)。種類が増えたのもありますが、男性市場の伸びも一因かもしれません。同社の調査によると40代から50代男性の方が、20代から30代男性よりもデオドラント剤を使ったり、汗拭きシートを使ったりと、汗やにおいの対策をしているようでした。 汗のにおいは男女共に気にしているようですね。マイボイスコム株式会社(東京都千代田区)の、「デオドラント」に関する調査(※2)によると、自分の汗のにおいが気になる人は、「気になる」(19.2%)、「やや気になる」(37.3%)合わせて56.5%でした。女性や若年層で高く、女性10代から30代では各70%台となっています。

一番気になるのは脇の下の汗とにおい。首の汗にはシートタイプを使用

直近1年間にデオドラント剤を利用した人は約55%で、女性10代から40代では8割前後です。利用したタイプを見ると、気軽に使える「スプレー」が33.7%と最も多い結果に。以下、「シート、ペーパー」が22.0%、「ロールオン」が14.2%となっています。若い女性では、「ロールオン」「スティック」の比率が高いようです。 デオドラント剤を使う部位は、「脇の下」が86.4%と最も多く、脇汗とにおいを気にする人が特に多いようです。次いで「首」が42.1%、「デコルテ」が25.9%となりました。「シート・ペーパータイプ」を主に利用する人では「首」が8割で最も多く、「デコルテ」「顔」「腕」という回答も多いです。街で、汗拭きシートで顔や首を拭いているサラリーマンをたまに見かけます。女性は化粧をしているので顔を拭くことはなさそうですね。

【関連記事】