Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ポーターが手掛ける猿田彦珈琲の「エコバッグ」は収納するとコーヒー豆の形に

配信

&GP

朝の目覚めは挽き立て、淹れたてのいつもの一杯。昼休みはカフェラテで…と1日を通して何杯もコーヒーを飲んでいるという“珈琲党”の皆さん。いっそのこと日常にもコーヒーテイストのアイテムを取り入れてみませんか。 【コーヒー豆型ポーチ・詳細画像はこちら】 7月1日からレジ袋の有料化が実施されることで一躍注目アイテムになっているエコバッグ。猿田彦珈琲とバッグブランドPORTER(ポーター)とがコラボレーションしたエコバッグは、付属のポーチに収納するとコーヒー豆になる話題のトートバッグです。 ハンドル部分を持ってすっきりシンプルに手持ちできるサイズながら、ショルダーストラップを結べば、ななめ掛けのトートバッグとしても使える便利な2WAYタイプ。 折り畳めばコーヒー豆の形をした付属のポーチに収納できるパッカブル仕様です。カラビナも付属しているので、持ち運ぶ際にコーヒー豆のポーチをバッグにぶら下げられます。 コーヒー豆に目が奪われがちですが本体の生地も、もちろん珈琲色。トーンの異なるブラウンを4色使用し、サイズごとに違ったカラー配色が施されています。年齢や性別を問わず使えるデザインで、コーヒー好きな方へのプレゼントにも喜ばれそうです。 サイズは2種類。「Lサイズ(パカマラ)」(1万7000円/税別)は、バッグ使用時でW330×D175×H340mm、ポーチがW160×H220mm。「Sサイズ(ティピカ)」(1万5000円/税別)は、バッグ使用時がW275×D150×H285mmで、ポーチはW135×H195mmです。 ちなみにLサイズの「パカマラ」は、とても大きな豆でゲイシャ種に似た華やかな香りと独特の酸味が特徴のコーヒー豆の品種のひとつ。「パカマラ=大きな豆」なんて、ちょっと知っているとうれしい情報ですね。 Sサイズの「ティピカ」は細長い舟形が特徴の品種で、透明感のあるフローラルな香りが特徴。柑橘系を感じさせる明るくきらびやかな酸味が際立った風味なのだとか。 コーヒー豆の品種をバッグの名前にするところは、さすが猿田彦珈琲とのコラボによってできたアイテムだといえます。

文/&GP

【関連記事】

最終更新:
&GP