Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リゾやシャロン・ストーンも! マッチングアプリを試したことのあるセレブ7人。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

今やオンラインデートはれっきとした出会いのひとつの手段で、セレブたちもメンバー登録しているプラットフォームも存在する。シンガーソングライターのリゾやコメディエンヌのエイミー・シューマーなど、マッチングアプリで愛を探した7人のセレブの様子をレポート!

ひと昔前までは、オンラインでの出会いは最悪の結果を招くものと思われていた。「セックス・アンド・ザ・シティ」では、主要キャラクターのスタンフォード(ウィリー・ガーソン)が出会い系サイトに登録し、そこには下心たっぷりな男性ばかりが並んだという描写があった。しかし、近頃ではオンラインデートは、単なる出会いのひとつの手段だ。アメリカや世界における人々の問題意識傾向に関する情報を調査するピューリサーチ社は、2月に18~29歳のおよそ半数がマッチングサイトやアプリを使ったことがあると発表した。現在のコロナ禍の中でも、いやだからこそ、人々はネットを介して新たな出会いを求めている。 日本でもおなじみのTinderやアメリカで絶大な支持を得ているHinge、そして写真ありきの出会い系では珍しく、メッセージから交流が始まり、のちに写真の交換へ発展するLexなど。今や多種多様なマッチングアプリが存在する中、セレブたちも私たちと同様にそれらのシステムをつかっているようだ。

リゾ

シンガーソングライターのリゾは、2017年に「Truth Hurts(原題)」というエンパワーメントソングを発表している。その一節に「It's OK, he already in my DMs(彼はすでにダイレクトメッセージ(DM)を送ってきたわ)」というフレーズがあり、SNSのアカウントのメッセージ機能を介して交際へ発展した過去をそそのかせている。 今年のグラミー賞でベスト・ソロ・パフォーマンス賞を獲得し、一気にスターダムへ上り詰めた彼女は、今でもマッチングアプリに登録していることをアメリカの深夜番組「Busy Tonight」に出演した際に明らかにした。エクスクルーシブなメンバー制度とスクリーンショットができない機能をもつアプリのRayaは、セレブたちが登録していることで有名で、リゾもその会員だ。ドラマ「フレンズ」のチャンドラー役のマシュー・ペリーも登録者という噂が広がり、彼女は番組内で「チャンドラーとマッチなんて、お断りだわ」と言っている。

【関連記事】