Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【モデルはまじ】が愛用する家電&日用品はおしゃれで便利、心もラクに

配信

webマガジン mi-mollet

モデルとして、そしてラジオパーソナリティやタレントとしても活躍中の浜島直子さん、愛称“はまじ”。今回は、巣ごもり中に便利だと実感した家電&日用品を教えてもらいました。彼女が毎日のように使って実感できたアイテムは、どれも機能性&デザイン性どちらも満足できるものばかり。新しい生活様式が始まっても、長く付き合っていけるおすすめのアイテムを厳選してご紹介します。

断捨離したお家に、新しいものを迎えるためのルールとは

数年前に断捨離をし、洋服や靴、食器、家具などを潔く手放し、シンプルなライフスタイルの中で暮らすはまじ。モノを増やすことには相当慎重になっているはず。まずはどのような基準でモノ選びをしているか伺うことに。  

新しく何かを迎えるときは、きちんと住所を決めてから

はまじ「一度断捨離をして以来、購入する前に、“この子の住所はどこにしようか”と、家の中で置く場所のことを考えます」 そしてもう一つ、さらに大切にしていることが。 はまじ「長く付き合っていくことが大前提なので、機能だけではなく、デザイン性に満足できるかも大事。とくに家電はかなりのスペースを取るので、存在感があります。それを見て毎日を共に生活しても心がざわざわしないか、家族が心地よくいられるかということも大切にしています」  

夜のひと時と、世界の誰かを明るく照らす、優しい灯のソーラーランプ

「ソネングラス」 2013年に発売されて以来、世界各国で販売されている話題の瓶型のソーラーLEDランプ。太陽光、もしくはUSBで充電可能。瓶の中にはドライフラワーや貝殻など、好きなものを入れてディスプレイができるのも魅力です。また、すべてのソネングラスは失業率40%の南アフリカでハンドメイドで生産されていて、雇用確保の体制を貫いています。 はまじ「朝日新聞の記事を読んで、太陽光で充電のできるこのソーラーランプのことを知りました。マイクロソフトの創始者、ビル・ゲイツは南アフリカでこのソーラーランプを使って子どもたちが本を読んだり勉強をしているのを見て感銘を受けたとSNSで発信したことでさらに話題になっているという内容でした。私と夫で気になったので、早速調べたらAmazonで取り扱いがあり、すぐに購入しました。 昼間は窓辺に置いて充電し、夜は室内の電気をすべて消してリビングに。この優しい灯のおかげで、残念なニュースを見て不安やネガティブな気持ちになってしまった夜も、穏やかな気持ちを取り戻せました。最初はひとつだけ買ったのですが、あまりにも気に入ったので、追加でもうひとつ買いました。この瓶型のデザインがとてもよくて、中にいろいろ入れられるんです。我が家は2つともドライフラワーを入れています。ひとつはミモザのような黄色いお花を、そしてもう一つには赤い実を。 防災用にもなるし、フェアトレードだから購入したことで誰かのためにもなっていると思うと、すごく嬉しいです。夫が本当に気に入っていて、もうひとつミニサイズも買って、玄関に置くのもいいねと話しています」

【関連記事】