Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

[韓流]カンヌ映画祭 ヨン・サンホ、イム・サンス監督作品を公式選出

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
聯合ニュース

【パリ聯合ニュース】カンヌ国際映画祭の事務局は3日(日本時間4日未明)、公式セレクション56作品を選定し、韓国からはヨン・サンホ監督の「半島」(原題)とイム・サンス監督の「幸福の国へ」(仮題)が選出された。  ヨン監督の「半島」は、前作「新感染 ファイナル・エクスプレス」から4年後、廃墟となった地で最後の死闘を繰り広げる人々の物語を描いた作品で、俳優カン・ドンウォン、女優イ・ジョンヒョンが主演する。  イム監督の「幸福の国へ」は偶然出会った2人の男性が人生最後の幸せを探すために特別な旅に出たことで繰り広げられる出来事を描いた。主演は俳優のチェ・ミンシク、パク・ヘイル。  同映画祭は毎年5月にフランス・カンヌで開催されるが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け今年は従来形式の開催を断念。最高賞パルムドールや監督賞などの受賞作を選出しない代わりに公式セレクションを発表した。  56作品には「カンヌ2020」のラベルが与えられ、今後開かれる予定のベネチア国際映画祭、ベルリン国際映画祭、釜山国際映画祭などの映画祭で上映される。

Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.

【関連記事】