Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

低迷期のロッテを支えた“悲運”の鉄腕助っ人、荘勝雄を忘れるな!/平成助っ人賛歌【プロ野球死亡遊戯】

配信

週刊ベースボールONLINE

明るく、真面目な性格

 1989年(平成元年)の川崎球場では、450円のジャンボお好み焼き(やきそば入り)が人気だった。  店が三塁側にあるためホームのロッテ関係者だけでなく、ビジターの選手たちも顔を出し、日本ハムのトレンディエース西崎幸広が買いにきたという。名物のおばちゃんが作るラーメンはプラス50円でゆで卵をトッピングできた。『プロ野球ニュースで綴るプロ野球黄金時代 昭和球場物語 Part.1』付属のDVDで当時の映像を確認できるが、学食の売店のような雰囲気の中、天ぷらそばや肉そばも一律450円のお求めやすい価格設定である。  一方で川崎球場の施設は老朽化が著しく閑古鳥が鳴き、ガラガラのスタンドで流しそうめんやキャッチボールをしてみせる観客はテレビ番組『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』でおなじみの光景だった。同じころ、福岡ではダイエーが2000億円を投入する「ツインドーム計画」を発表。開閉式のスポーツドームに加え、屋内遊園地のファンタジードームを併設する壮大なプロジェクトは、その後のバブル崩壊による資金不足で遊園地は断念したが、もしかしたら今ごろ、ヤフオクドームの隣にもうひとつのドーム施設が並んでいたかもしれない。  そんな景気のいい新興球団ダイエーとは対照的に、当時のロッテオリオンズは不人気チームで、86年オフの三冠王男・落合博満の放出後はBクラスに低迷、優勝から長年遠ざかっていた。中堅115.8メートル、左翼89.0メートル、右翼87.3メートルという狭くホームランの出やすい投手泣かせの川崎球場で、“マサカリ投法”村田兆治とともに、ロッテの先発ローテを支えた外国人投手が荘勝雄である。  台湾時代は代表チームのエースを託され、世界選手権では83年に5勝0敗で最優秀投手賞に輝き、84年には強豪キューバチーム相手に1失点完投勝利。ロサンゼルス五輪でも銅メダル獲得に貢献した。荘は母国の英雄で大学の体育講師を務めていたが、その安定した地位を捨て、85年に日本のロッテオリオンズへ入団。しかし、すでに26歳で身長175センチと小柄な右腕の注目度は決して高いとは言えず、西武と巨人が激しい争奪戦を繰り広げ、同時期に来日した“オリエント・エクスプレス”郭泰源(年齢は荘が3つ年上)と比較すると待遇面でも大きく劣っていた。  なにせ、荘はいきなり埼玉県狭山市にあったロッテ合宿所で日本生活をスタートさせている。外国人選手枠扱いながら、球団から高級マンションが与えられるアメリカ人選手とは対照的に年下の日本人選手たちに混じり、専用の通訳もいないハードな環境でのプレーを余儀なくされた。当然、言葉は分からず、長い日本式練習に戸惑い、大学の先輩にあたる郭源治(中日)に電話をかけて相談したこともあった。  それでも、荘は元来の明るい性格と日本語を猛勉強する真面目さで、ナインからすぐ“カツオ”と呼ばれ愛される。当時のロッテのバッテリーキャンプは台湾の高雄市から始まったので、外出時には自ら通訳を引き受け、2月1日の誕生日にはバースデーケーキを送られ大喜び。同室になった梅沢義勝とは松田聖子の『青い珊瑚礁』を歌って騒いだという。サインはひらがなで「そうかつお」と書いてみせた。

【関連記事】