Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「日本沈没2020」の8つの注目ポイント 今こそ日本人の心を打つ理由

配信

ねとらぼ

 7月9日より、Netflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」が配信されている。 【画像】場面写  タイトル通り日本という国が文字通りに沈むという巨大災害を描いた本作は、現実で新型コロナウイルスがまん延した今だからこそ、より見る価値があると断言できる内容だった。1つのアニメ作品として面白いことはもちろん、全ての日本人に心から見てほしいと願える、感涙必至のメッセージも備わっていたのである。その注目のポイントについて、ネタバレにならない範囲で記していこう。

1:家族のサバイバルの物語に

 「日本沈没」はもともと1973年に刊行された小松左京によるSF小説だ。膨大なリサーチに基づく大地震のメカニズムなどの解説は知的好奇心をくすぐると共に恐怖を呼び起こし、学者や政治家などの大人の男たちが未曾有の事態に奔走する様がエンターテインメントになっていた。2度の実写映画化、テレビドラマ化、ラジオドラマ化など多数のメディアミックスがされており、今なお語り継がれる日本のSF小説の代表格といえる作品だ。  今回の「日本沈没2020」は、その原作小説とは大きく趣を変えている。物語の中心にいるのは政府のお偉いさんなどではなく市井の人々であり、彼ら彼女らが一丸となって沈みゆく日本でサバイバルをする様が描かれているからだ。家族がさまざまな場所に移動する様は2017年の日本映画「サバイバルファミリー」のようであるし、中学生の少女とその弟との関係も描かれていることなどから2009年のテレビアニメ「東京マグニチュード8.0」も思い出す方も多いだろう。  リアルな日本沈没のシミュレートではなく、主軸となるのはあくまで家族のサバイバル。ともすると、「日本沈没」という名を冠する必要があるのか? と思われるかもしれないが、筆者は「ある」と断言する。  「なぜ、いま『日本沈没』をよみがえらせるのか?」の問いに答えるかのように、種々の新しい要素が提示されており、それでいて「日本沈没」という作品にある精神性を十分に拾い上げていたからだ。以下、さらに詳しく見ていこう。

【関連記事】