Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

GPS搭載 ETC2.0車載器「MSC-BE700E」をハーレーに装着してみた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

GPS搭載ETC2.0車載器のメリットとは?

ETC2.0のメリットとしてその恩恵をもっとも感じるのは、従来型1.0ではできなかった高速道路からの一時退出が可能になったことだろう。 〈関連写真×枚〉GPS搭載 ETC2.0車載器「MSC-BE700E」をハーレーに装着 実は高速道路において、休憩施設どうしの間隔がおおむね25km以上離れているSA/PA空白区間が、全国に約100区間も存在している。国土交通省ではこの空白区間を半減することを目指し、現在全国23ヵ所の道の駅を対象に、高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」をETC2.0車載器搭載車で実施しているのだ。 そして当初1時間だった一時退出可能時間を、利用者から寄せられた「時間が短いため、十分な休憩ができない」などの意見をふまえ、3月27日以降は3時間へ引上げ、引き続き検証を進めている。 条件はETC2.0搭載車で、全行程同一のETCカードを使用し、対象のICやスマートICで、一度退出した後に同方向を再度利用。3時間以内に同一ICから再流入。対象の道の駅に必ず立ち寄ることなどと決められている。 また、圏央道の通行料が2割引きになるのも、利用頻度が高いライダーにはかなりお得。ルートや区間は関係なく、圏央道を通りさえすれば2割引きになるのだから、たいへんありがたい。うっかりやってしまいがちなカードの有効期限切れも、GPSデータ受信時にアンテナのLED点滅で知らせてくれるのも役立つ機能だ。 さらに、渋滞路を回避した場合の割引など、様々な特典が検討されているETC2.0 。これからETC車載器を購入するならもちろん、1.0からの買い換えグレードアップもオススメしたい。

GPS搭載ETC2.0車載器「MSC-BE700E」を装着してみた

ミツバサンコーワのGPS搭載・前後2カメラドライブレコーダー「EDR-21GL」を搭載したロードグライドリミテッドと、同じく「EDR-21G」を装着済みのXR1200。どちらにもミツバサンコーワのGPS搭載ETC2.0車載器「MSC-BE700E」を取り付けてみた。 〈写真01〉ETC2.0&GPS 前後2カメラドラレコを積んだ2台のハーレー 〈写真02〉GPS搭載ETC2.0車載器 MSC-BE700E[ミツバサンコーワ]●価格:2万5850円 まず、GPSアンテナとETCアンテナ、ETCインジケーターが一体化されているのがいい。ETC2.0情報専用インジケーターが別にあり、これは高速道路上の緊急情報や注意警戒をインジケーターの点滅で知らせ、安全・快適運転をサポートする。過酷な条件に設置されるアンテナ・インジケーターは、防水・防塵規格の最高条件=IP68/IP66を達成。20Gまでの振動加速度試験にも合格し、安心の日本製&3年間保証だ。防水・防塵、振動対策に高度な技術が求められる二輪車用ETCを作るミツバサンコーワならではの信頼性に裏打ちされていると言えるだろう。 〈写真03〉W81×H22×D112.5(mm)、約150gの本体車載器。ロードグライドリミテッドなどラゲッジケース付きのハーレーなら難なく収まる。収納スペースのないソフテイルやスポーツスターなどは、収納ケースを外付けするなどしなければならないだろう。 〈写真04〉W13×H13×D40(mm)、約7gのインジケーターはメーター左横に。災害時支援情報と安全運転支援情報を受ければ赤色が点滅、注意警告情報は緑色に点滅する。 〈写真05〉W40×H15.8×D44(mm)、約22gのアンテナはマスターシリンダーの上に。カードの有効期限切れなど異常があれば、LED点滅で知らせてくれる。ETC2.0ならではの機能だ。

【関連記事】