Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『半沢直樹』伊佐山「詫びろ詫びろ詫びろ…」口パク込み「詫びろ」“8連発”に大反響

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クランクイン!

 俳優の堺雅人が主演を務めるドラマ『半沢直樹』(TBS系/毎週日曜21時)の第2話が26日に放送され、伊佐山(市川猿之助)が、半沢(堺)に激高し、「詫びろ詫びろ詫びろ…」と連発するシーンがネットで話題に。“口パク”を入れると、まさかの8連発という驚異のシーンに反響が寄せられた(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)。 【写真】「詫びろ」8連発を浴びてしまった半沢直樹  本作は池井戸潤による小説『半沢直樹』シリーズを原作にした、2013年放送のドラマの7年ぶりとなる続編。今回は半沢シリーズの中から『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』を映像化し、東京セントラル証券へ出向させられた主人公・半沢の下剋上を描いていく。  半沢たち東京セントラル証券の面々は、スパイラルを買収するため、伊佐山たちが郷田(戸次重幸)が経営するフォックスと手を組んでいたことを突き止める。東京中央銀行から呼び出しを受けた半沢は岡社長(益岡徹)と共に銀行へ。  半沢に邪魔をされたと、怒りをあらわにする伊佐山は、「セントラルが抱えている銀行からの案件はすべて引きあげさせてもらおう」「自分がどんなにバカなことをしでかしたか、その身をもって思い知るがいい」と言い放ち、半沢に「黙ってないで頭の1つも下げたらどうなんだ」と詰めよる。伊佐山は「聞いてんのか?」「聞こえない?」と言うと、「詫びろ!」と怒鳴り声を上げ、「詫びろ詫びろ詫びろ詫びろ詫びろ、詫びろ半沢!」と「詫びろ」を連発。さらに伊佐山の口元をよく見ると、「聞いてんのか?」の後に“口パク”で「詫・び・ろ」と言っており、合計「詫びろ」8連発となった。  このシーンにネット上の視聴者はすぐさま反応。「もうこれ歌舞伎だろwwwwwwwwwwww」「詫びろ詫びろ詫びろ詫びろ詫びろはんじゃわ~」「やっぱ今回のMVPは詫びろコールですね」など大盛り上がりとなった。

【関連記事】