Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2回目にして失速した篠原涼子「ハケンの品格」…復活の鍵は大泉洋の出番

配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 6月17日にやっとスタートした篠原涼子(46)主演の連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ)。初回の平均視聴率こそ14・2%と好発進だったが、24日の2回目は11・9%と失速した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。  2007年に篠原主演で大ヒットした同名ドラマの続編で、篠原が演じるのは一匹狼の最強ハケン社員・大前春子だ。 「13年ぶりに続編放送と発表された当初は、ネット上にも〈見たい!〉という声があふれ、日テレとしても手応えがあったはずです。が、コロナで放送延期。新作の代わりとして13年前の『ハケンの品格』を編集し、特別編として再放送しましたが、これが毎回、高視聴率とはならず……しかも『ハケン』特別編の後に再放送した『ごくせん』が大きな反響を呼ぶという、おかしな事態になってしまいました」(テレビ誌ライター)  ご存じの通り「ごくせん」は仲間由紀恵(40)主演の2002年の大ヒットドラマだ。「ハケンの品格 特別編」の後に再放送されたのは1話と2話のみだったため、ネット上には〈中途半端すぎる〉〈ごくせん、もっと見たかったのに!〉〈もうハケンの品格じゃなく、このままごくせんを〉なんて書き込みも。「ごくせん」が好評すぎて、あろうことか「ハケンの品格 放送スタートも暗雲?」なんて内容のネット記事まで出てしまった。 「ただ、新作の『ハケン』の初回視聴率は2ケタと結果を出していますし、結局、みんな大前春子を待っていたということじゃないでしょうか」と話すのは、ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏だ。  ところが、2回目にして失速。「ハケンの品格」は持ち直すことができるのだろうか。  前出の山下氏は「出演者のひとりである大泉洋さんがカギを握っているのでは」と、こう続ける。 「大泉さんは、春子に思いを寄せながらも、素直に気持ちを表せないツンデレ男の東海林を演じています。お互いを『とっくり』『くるくるパーマ』と呼び合う2人の掛け合いを楽しみにしていた視聴者は多い。ところが新作の大泉さんは“特別出演”で、17日の初回も出演シーンは多くなかった。一部の視聴者からは〈大泉さんあってのハケン〉〈春子と東海林の絡みをもっと増やして〉なんて声が飛んでいました」  大泉は7月1日に始まった三谷幸喜作品の舞台「大地」に出演。大泉本人も「ハケンの品格」のHP上で「舞台とかぶっている」ことを報告していた。 「舞台『大地』もコロナにほんろうされ、開幕も稽古も遅れてしまった。出演者たちは6月からようやく本格的な稽古に入れたと聞いていますが、何せ開幕まで時間がなかった。当然、大泉はメインの役どころでしょうから、セリフ量も多いはず。果たして今後『ハケン』のために時間を割くことができるか、難しいところでしょう」(芸能プロ関係者)  大泉の出番減少に伴って視聴率もこのまま急降下では、篠原のメンツも丸つぶれだ。

【関連記事】