Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

散らからないクローゼット。ハンガー本数は「横幅÷3」が理想

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

自粛期間を機に、クローゼットを整理したい人が増えているのではないでしょうか。 あけたときにワクワクするクローゼットにしたいものですが、現実は、ぎゅうぎゅうにつめ込まれた服の山から着るものを選びだす毎日…。そんな悩める読者のお宅を、収納スタイリスト・吉川永里子さんが大改造! 散らからないクローゼットをつくるワザをお見せします。 紙袋は捨てずに収納に活用。クローゼットや本棚に

あふれるものの量を目で見て確認!まずは全部出し

扉が閉まらないほど、ものであふれるクローゼットに悩んでいるのは、エッセレポーターのIさん。問題点はどこにあるのでしょうか? 「クローゼットが使いにくいのは、容量以上のものをつめ込みすぎているから。どれだけの量を持っているか、まずは目で見て実態を把握しましょう」

●「アイテム別×たたむ/かける」で分類しながら出す まずはクローゼットの中身を全部出し。 「アイテムごとに、たたむもの、かけるもので分けながら出すと、あとで残すアイテムを選びやすくなります」 シートなどを敷いたところに出していけば、作業を中断したときにもシートごとすみに寄せておけるので、おすすめです。

引き出しの上に積み上げた服の山。

タグがついたままの服も出てきました!

ポールの長さから適正量を算出する

服の量を把握できたら、次はクローゼットにどのくらいのものがしまえるか、その適正量を計算していきます。

●かける服の枚数は割り算で計算 ハンガーポールの長さを測り、かける服の枚数を割り出します。 「ハンガーとハンガーの間を3cmあけるのが理想ですが、最低でも2cmあける計算に。この範囲に収まる枚数なら、重なりすぎて入っているものがわからなくなったり、出し入れしにくくなるのを防げます」 ●理想値:ハンガーポールの長さ(今回は165cm)÷3=55本 ●最大値:ハンガーポールの長さ÷2=82本 Iさんの場合 ⇒ 中間の65本を目標に。 3割は夫スペースにしたいので、妻の分は45本

●たたむ服は実際につめてみて適正量を確認 「たたむ服は、引き出しに実際につめてみて出し入れしやすい量を確認します。入る量がわかると、減らすのがスムーズになりますよ」 今回は、トップスは前後2列で、厚手のものが1列5枚、薄手のものが1列10枚入りました。 クローゼットを使いやすく改造するには、まずは収納力を把握することが第一。具体的な目標量が見えれば作業にも弾みがつきます。さっそく始めてみて! <撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部> ●教えてくれた人 【吉川永里子さん】 収納スタイリスト。「片づけはストレスフリーに生きる近道」をモットーに、整理収納のアドバイスを行う。4児の母でもあり、働く女性やママ目線を生かした提案が好評。

【関連記事】