Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ひきこもり「30年の変化」 家庭内に起きる「奇妙な平和」の落とし穴、その先にある問題

配信

withnews

不登校やひきこもりの若者たちが寝食をともにして自立を目指す富山市内の共同生活寮「ピースフルハウスはぐれ雲」、通称「はぐれ」。設立から30年余りの間に、寮に入る人たちの年代は徐々に上がり、長期間ひきこもっていたという人も現れた。背景には何があるのか。そして、社会とのつながりを絶った人たちとの接点をつくるために重要なこととは。(朝日新聞富山総局・竹田和博) 【イラスト解説】ひきこもり→家庭内暴力収める「7つの道筋」 親側の2つのNG

「ひきこもり115万人。どうするのかね」

はぐれ代表の川又直さん(66)が自立支援に携わり始めた40年近く前、今でいうひきこもり状態の若者のほとんどは10代だった。1988年にはぐれを始めてからも状況は同じ。 しかし、2000年代に入ると大学生や就職後のひきこもりが増え、はぐれに来る年代も高くなった。20代は当たり前。30~40代、なかには10年近くひきこもっていた人も。「何でこうなるまで放置したのか。もっと早く相談してくれれば」。川又さんはそのたび、やるせない思いになった。 40~64歳のひきこもり状態の人は全国で61.3万人、15~39歳は54.1万人いるとの国の推計に「ひきこもり115万人。本当にどうするのかね」。川又さんはたびたびそう口にしてきた。そして、現場の実感から「実際はもっといる」と見る。 「『見守りましょう』『待ちましょう』が一人歩きした結果ではないか」。川又さんは増加や長期化の一因をそう考える。「聞こえのいい言葉だが、結局は先送り。その結果、にっちもさっちもいかなくなったとして、言った人間は責任を取れるのか」。見守ることを完全に否定するつもりはない。「半年や1年ぐらいなら人生の中休みだと思えばいい」。大事なのは、その後どうするかだ。

どこに頼っていいかも分からない

ひきこもっていた期間が短いほど、動き出すまでの時間は短い。川又さんは過去の経験からそう断言する。 「早く娑婆を知らないと。トレーニングを積んで、落ち込んだり自信つけたりを繰り返しながら、やがて独り立ちして納税者になる。『見守る』だけではそういう機会はこない」 貴重な社会の担い手として、少しでも早く社会に引き込む。でないと、将来どうなるか。川又さんは危機感を持って本気で向き合わないといけない問題だと思っている。 「家庭内暴力のある家庭では暴力が収まると、『暴力さえなければ』と家の中に奇妙な平和が訪れてそのまま臭いものにフタをしてしまう」と川又さん。外の目を気にして声を挙げられず、そもそも、どこに頼っていいかも分からないまま月日が流れ、社会のはざまに埋もれてしまう。その行き着く先が「8050問題」だと川又さんは考える。

【関連記事】