Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【MLB】球団別「打者による1試合での最高のパフォーマンス」

配信

MLB.jp

 日本時間5月22日、メジャーリーグ公式サイトでは各球団の番記者が自身の担当チームにおける「打者による1試合での最高のパフォーマンス」を選出した。アメリカ野球殿堂入りを果たしている名選手から目立たないキャリアを過ごした選手まで、様々な選手がピックアップされている。

アメリカン・リーグ東部地区

オリオールズ:マニー・マチャド 2017年8月18日 対エンゼルス 5打数3安打3本塁打7打点 ※3本目の本塁打は9回裏に放った逆転サヨナラ満塁弾。 レッドソックス:フレッド・リン 1975年6月18日 対タイガース 6打数5安打1三塁打3本塁打10打点 ※1試合10打点は球団タイ記録、1試合16塁打は球団記録。 ヤンキース:レジー・ジャクソン 1977年10月18日 対ドジャース(ワールドシリーズ第6戦) 3打数3安打3本塁打5打点1四球 ※3本塁打とも初球を叩き、チームを世界一へ導いた。 レイズ:トラビス・ダーノウ 2019年7月15日 対ヤンキース 3打数3安打3本塁打5打点2四球 ※「1番・捕手」による1試合3本塁打は史上初の快挙。 ブルージェイズ:カルロス・デルガド 2003年9月25日 対デビルレイズ 4打数4安打4本塁打6打点 ※球団史上初かつ当時メジャー史上15人目の1試合4本塁打。

アメリカン・リーグ中部地区

ホワイトソックス:パット・シーレイ 1948年7月18日 対アスレチックス 6打数4安打4本塁打7打点1四球 ※4本目の本塁打は延長11回表に放った決勝アーチ。 インディアンス:ロニー・チゼンホール 2014年6月9日 対レンジャーズ 5打数5安打1二塁打3本塁打9打点 ※アウトにならず5安打3本塁打9打点は100年間で初。 タイガース:タイ・カッブ 1925年5月5日 対ブラウンズ 6打数6安打1二塁打3本塁打5打点 ※1試合16塁打は当時のリーグ記録、現在も球団記録。 ロイヤルズ:ケビン・サイツァー 1987年8月2日 対レッドソックス 6打数6安打1二塁打2本塁打7打点 ※2本塁打を含む6安打7打点の大活躍で勝利に貢献。 ツインズ:カービー・パケット 1987年8月30日 対ブリュワーズ 6打数6安打2二塁打2本塁打4打点 ※1試合6安打は球団史上唯一。1試合14塁打も球団記録。

【関連記事】

最終更新:
MLB.jp