Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キャサリン妃の公務始動! ロンドンの超人気店でベーグル作り

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
25ansオンライン

15日(火)、キャサリン妃がウィリアム王子と共に公務に登場! 気づけば、最後にキャサリン妃のお姿を拝見したのが、8月29日のZoomでのお仕事と、2週間以上ぶり。しかも全身が見える、動くキャサリン妃のお姿となると、もっとおひさしぶり!ということになります。 その間、長らく滞在されていた郊外の邸宅アンマーホールからロンドンへと拠点を移されたり、ジョージ王子とシャーロット王女の学校再開に向けての準備など、バタバタ(この表現がピッタリかと)されていたのでしょう。 先週にはついに学校もスタートし、これでママも本格的なお仕事復帰となったわけです。あらためて、やはり全身のお姿を見られるのはうれしいですね。 この日は、ロンドン東部のロンドン ブリッジ~ホワイトチャペル周辺を3カ所訪問されたケンブリッジ公爵ご夫妻。 コロナ禍のこの半年間、人々のためにサポートをしてきた地元のコミュニティや個人経営のショップ、ビジネスなどに対して感謝の気持ちを伝えられました。 まず最初は、ロンドン・ブリッジ・ジョブ・センター。日本でいうところの職安のようなサポートをするところですが、こちらではロックダウン中やコロナ禍の緊急事態においても、対面での対応で、職に困っている人たちをサポートし続けていたそうです。 滞在中おふたりは、利用者に人々やスタッフ、また雇用者たちとお会いになり、状況をお聞きになりました。

2軒目は、イースト・ロンドン・モスクの敷地内にある、ロンドン・モスリム・センターを訪問。 こちらでも、地元コミュニティのメンバーたちへ、料理をしたり、温かい食べ物や、投薬を病院から自宅まで代理で配達。また孤立しがちな高齢者の人たちへ話し相手さながらに電話でのやりとりをしたりも。さらには深刻な家庭内暴力の被害を受けている女性たちを支援するためのカウンセリングも行っているのだそうです。 何がすごいって、これらがここを拠点に、ボランティアたちによって行われているということです。

【関連記事】