Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「何で言うこと聞いてくれないの!?」と思ったら…【薄井シンシアさんの「育児書を捨てよ、子どもを見よ!」第15回】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

子育てはうまくいかないことの連続

私のところに寄せられる親御さんたちの相談事を聞くにつけ、子育ては、ああでもない、こうでもないの連続だなあとつくづく思います。早く寝なさいと言っても、だらだらと夜更かしをしてしまう。宿題はできたの?と聞いても、ゲームに夢中でのらりくらり。その都度、はぁ~とため息をついて、「もう、どうすればいいの!?」と。 でも大人の思うように動いてくれないのは、ごく自然で当たり前のこと。何事も身に付いていくには、時間はかかるものだと自分に言い聞かせながら、焦らず見守ってあげてください。 子育てはうまくいかないことの連続です。そんな時におすすめしたいメソッドがあります。私はいつもこれを使って、自分の子育てを見直し、切り抜けてきました。「4つのE」と名付けているのですが、その4つとは、(1) expectation (期待)(2) education (教育)(3)encouragement (励まし)(4) evaluation (評価)です。

【期待だけなく「教育」を】 最初の3つは、ひとつながりです。1つ目は子どもに「期待」するという意味のexpectation。でも、期待だけして「教育」=education しなければ、期待されている子どもは潰れてしまう。なので、1つできたら、必ず「励ます」=encouragement する。ここまでが「3つのE」です。それでもうまくいかないのであれば、4つ目のEの登場です。自分の行いを「評価」evaluation して修正していく。 最初の「3つのE」は、娘がアメリカへ留学した後、バンコクのインタースクールで食堂のおばちゃんとして働き始めたときに知りました。私が、子どもたちにテーブルのお片づけを指導しているのを見たスクールの学長に、こう指摘されたのです。「シンシアの教え方は、子どもの教育の基本セオリー『3つのE』に基づいていますね」と。 当時、食堂はまさにカオス状態でした。子どもたちは食べたら食べっぱなし、トレイも食器も椅子も何もかもが乱雑に放置されたまま。先生たちは、毎回「きれいに片付けなさい」と声を張り上げるのですが、一向にきれいになる気配はありません。食堂にわぁわぁと騒ぎ声だけが鳴り響いて、私も最初はお手上げ状態だったのです。 でも、観察しているうちに、分かってきたことがありました。この子たちは、きれいに片付けるということ、言い換えると、きれいに片付けた状態が分からないんじゃないか、と。そして、先生たちもまた、子どもたちは、きれいに片付けられるはずだという期待だけがあって、何も教育していていないということも。 私は、まず、子どもたち自身に「きれいに片付けるということがどういうことなのか」を理解させ、それをわかりやすく行動で示すことが必要だと考えました。そこで、私が自らお手本をやって見せたのです。 「ほら、よ~く見てね。食べ終わったら、自分のトレイにスプーン、フォーク、コップ、ボウルを全部のせてまとめるの。それができたら、ゆっくりと立って、椅子を机の下に押して入れるの。その後に、両手でトレイを持って返却場所に持って行くのよ。さあ、これで、テーブルの上には何もないでしょ。椅子はきちんと並んでるでしょ。これがきれいに片付けるっていうことなのよ。分かったかな? じゃあ、やってみましょう」と。 ここまで具体的に示さなくては、子どもには理解できません。そして、必ず大人がやってみせるのです。子どもたちは、最初はぽかんとしていましたが、すぐに理解しました。一連の動作を毎日繰り返すうちに、確実にできるようになっていきました。

【関連記事】