Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

通天閣展望台が営業再開 復活ビリケンさんは“エアタッチ”で祈願呼びかけ

配信

デイリースポーツ

 大阪のランドマークタワー・通天閣(大阪市)の展望台が30日、営業を再開した。シンボルとなっている幸運の神様「ビリケンさん」も、約1カ月の修理を終え展望台の台座に復帰。背中のひび割れを直し、金粉を重ねるなどして以前より輝きを増していた。  新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月9日から臨時休業していた。午前9時、通天閣観光の高井隆光社長(45)がオープンを告げドアを開けると、復活を待ち望んでいた大勢の観光客が入り口に吸い込まれた。  大阪市内の会社員・林宏征さん(54)は早朝から並び、一番乗りで展望台へ。前日の夜、再開準備のため展望台に明かりがついていたのを目撃し、復活を知ったという。「子どものころから通天閣の近くで育ち、登っていた。コロナで今年は来られないかと思っていた。わが事のように心配していた」と笑顔を見せていた。  足の裏を触ると、願いがかなうという言い伝えがあるビリケンさん。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため“エアタッチ”での祈願を呼びかける。台座のそばには「濃厚接触お断りやで」などの注意書きが。観光客はビリケンさんには触れず、足の裏に手を次々とかざしていた。  高井社長は「エアタッチでもご利益は変わらない。おまいりスタイルの変化にご協力いただきたい」と話す。昨年のゴールデンウイークには、1日5000人が訪れた展望台。当面は密を避けながらの営業となる。「通天閣を開けないと、人が戻って来ないと周りの店から言われていた。試練の道が続くが、みなさんと大阪を盛り上げていきたい」と前を向いていた。

【関連記事】