Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

深澤大河「想像を膨らませて楽しんでもらいたい」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【拾阿弥 編】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
2.5ジゲン!!

現在放送中の戦国バラエティー番組「戦国炒飯TV~なんとなく歴史が学べる映像~」(TOKYO MX、BS11ほか)の人気コーナー「ミュージックトゥナイト」に登場する、うつけ坂49にスポットを当てた5週連続インタビュー企画の第3弾。 【写真】「戦国炒飯TV」番組カット トップバッターはキャプテン・長谷川秀一役の山崎大輝、第2弾は堀秀政役の橋本祥平に話を聞いたが、今回は拾阿弥役の深澤大河にインタビュー。 反森蘭丸派の中心人物として描かれている拾阿弥の魅力や自身とのギャップ、蘭丸との確執についてなど興味深いエピソードが次々と飛び出すインタビューとなった。

「黒い小姓」に込められた“エロス”と笑顔のギャップ

――まず番組への出演が決まった際の心境について教えてください。 あの「戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~」の新しい番組に出演できということで、すごく嬉しかったです。 あと、うつけ坂49のことを聞いたときは、あのグループを彷彿とさせるすごいグループだな、と(笑)。名前を聞いただけで「これはめちゃくちゃ面白くなりそう!」って思いましたし、それに参加できるということで、さらにワクワクしたことを覚えています。 ――うつけ坂49の楽曲「黒い小姓」を最初に聴いたとき、どう感じましたか。 楽曲の力がすごく強くて、キャッチーというか1回聴くとずっと頭に残りますよね。家で楽曲の練習をすることもあったのですが、家族もみんな「頭から離れない」って言っていて。それくらい耳に残る楽曲だったので、「これは勝ちだな!」って思いました。 ――楽曲もインパクトがありますし、振付も本格的ですよね。 そうですね。だからすごく楽しかったです。設定としては、うつけ坂49は織田信長の小姓たちで作られたグループ。アイドルなのでキャピキャピしているイメージかと思っていたんですが、振付の先生には「エロスを入れてほしい」と言われました だから、メンバーそれぞれがイメージする分だけエロスが表現されていて、全体としてアイドルなんだけどアダルトな雰囲気が漂うグループになったなと思っています。 ――拾阿弥としてはどんな“エロス”を意識してパフォーマンスをされたんですか。 拾阿弥は、すごく黒い部分がある子なので、それを隠すような腹黒い雰囲気のエロスが出ていたらいいなあと思いながらやりました。 歌唱自体はめちゃくちゃ笑顔でパフォーマンスしているんですが、トークは回を重ねるごとに拾阿弥の黒い部分がいろいろと出てくるので、その部分とのギャップを意識しています。

【関連記事】