Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

美容家・神崎恵さんの“余白で映える”食器使い|オシャレな人の毎日のスタメン皿|VERY

配信

magacol

おうちごはんの回数が急激に増え、料理のレパートリーに悩んでいるママは多いはず。そんなときは、普段使いの食器を新調して“見た目”から変えてみるのも手。そこで、オシャレな人は、どんな目線で、どんなものを選んでいるのか、オシャレセンスに定評のある4名のスタメン皿を伺いました。 今回は、美容家・神崎恵さん。盛り付けが映える“余白”がポイントの器選びに注目です!

まるでプロ並み!?なおうちごはんが評判の神崎恵さん

スタメン皿は… 器は「白」が中心。 盛り付けが映える“余白のある器”

●パスタの日

盛り付けが難しい大盛りのパスタも大きめの四角皿だと美しく見える。お皿は伊勢丹で購入。

●カレー の日

玄米が定番なことも、白の食器にこだわる理由。白で白米のような美しいバランスに。玄米の色が美しく映えます。

●大皿の日

我が家の定番のかつ煮。茶色い料理のときこそ美味しく見える「白食器」の真骨頂。六本木にあるライフスタイルショップ「LIVING MOTIF」で購入。

●丼ものの日

お蕎麦やうどんなど丼ものは、シックな色で大人っぽく盛り付けます。こちらも「LIVING MOTIF」で購入したもの。

素敵な器に盛ることで定食屋的ご飯も美しく

食べ盛りの長男と次男、最近食べることが楽しくなってきた三男と主人、男性が4名いる我が家のご飯は「定食屋さん」の人気メニュー的なものが定番。大胆でもりもり食べられる料理は作る私も楽なのですが、料理は家事の中で、最も私が鍵を握るパートなので、手抜きと思われずしっかりこなしていきたいところ。そこで器を絵画の額縁に見立てて美しく盛ることで、目でも舌でも、お母さんの味をしっかり覚えてもらおうと白を中心とした器を集めはじめました。和洋折衷と料理を選ばない白色と、盛り付けの決め手となる余白を充分に取れる大きめのサイズ感、この2点が購入の決め手になります。

●神崎 恵さん

美容家/大学生・高校生・幼稚園生のママ。 美容家や作家として活躍。インスタアカウントは@megumi_kanzaki。最新のビューティ情報や、華やかな家族のご飯は必見。

撮影/谷口大輔 フードスタイリング/竹中紘子〈CONDIMENT〉 撮影協力/UTUWA 取材・文/井田理恵 編集/太田彩子 *VERY2019年7月号「普段の器にこそセンスが表れてる オシャレもおうちもハンサムな人の毎日使いのスタメン皿」より。 *掲載中の情報は誌面掲載時のものです。

【関連記事】