Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【作品解説付き】押井守監督作品、あなたが一番好きな作品は?

配信

ねとらぼ

 稀代のアニメーション監督として、日本国内だけではなく海外にもその名をとどろかせる押井守監督。TVアニメ監督からスタートし、その後手掛けた数々のアニメーション映画では、世界を震撼させました。  アニメに実写映画的なレンズを用いた映像を取り入れた人物の1人でもあり、リアリティのある緻密な描写が評価を受けています。今回ほとんど関係ないですが、犬好きとしても有名ですね。  ねとらぼ調査隊は、押井守監督がメガホンを取ったアニメーション映画作品をピックアップし、人気投票を開催しています。  それでは、アンケート対象となっている押井守監督作品の紹介です。

●うる星やつら オンリー・ユー

 押井監督のアニメ映画初監督作品で、1983年公開。高橋留美子さんのマンガ『うる星やつら』初の劇場作品でもあります。  ドタバタラブコメディの決定版ともいえる『うる星やつら』の雰囲気が存分に生かされており、何故かエルという宇宙人の女王の婚約者に選ばれてしまいます。  王になればハーレムを作れると喜ぶ諸星あたるを、ラムが追いかけるという構図はそのままに、個性の強い劇場版オリジナルキャラクターたちを巻き込んだ「鬼ごっこ」を描いた作品です。

●うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

 1984年公開の「うる星やつら」劇場版第2弾で、押井監督の名を世に知らしめた出世作といわれています。  文化祭前日をループするという、現在ではSFの定番ともいえる「ループもの」を描いたという点が評価されました。その反響は現在でも見られ、ハリウッド映画にもなった日本の小説『All You Need Is Kill』や、テレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」で文化祭を描いたシーンではパロディがあるなど、さまざまな作品に影響を与えています。ハルヒの「エンドレスエイト」も大きな影響を受けていますよね。  ケン・グリムウッドの世界的に有名なSF小説『リプレイ』が1988年出版ということも考えると、それ以前からループものはあったにしろ、ものすごい作品だなぁと思います。

【関連記事】