Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「山のするめ大根」人気、浜松市の3新聞店が販売 笑顔畑の山ちゃんファーム(同市天竜区)製造

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 浜松市の新聞販売店3店が6月末から購読者を対象に販売を始めた、笑顔畑の山ちゃんファーム(同市天竜区春野町)の「山のするめ大根」が発売から一カ月余りで計約400個を売り上げ、人気を博している。5月に始めた「地元企業応援キャンペーン」の第2弾。  村木新聞店(東区)、ペンギンニュース浜松東コデラ(同)、アカマ新聞店(中区)の3店が参加。販売店の配達網を生かし、新聞折り込みで広く読者に周知した。第1弾で扱った三幸(南区)の遠州織物製のマスクも、200枚が即完売。好評の企画となっている。  山のするめ大根は、春野産の大根を独自の製法で加工した切り干し大根。水戻しせずに料理に使える新しい商品として人気を集めている。  しかし、コロナ禍で新規の販売契約などがストップ。山下光之代表が窮境を市の掲示板へ投稿したところ、村木新聞店の村木英樹社長の目に留まり、販売を始めた。  村木社長は「信頼できる商品を購読者に届けて、地元で頑張っている生産者を応援したい」と話す。  申し込みは各店舗への電話で受け付けている。

静岡新聞社

【関連記事】