Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

川崎から新潟アルビレックスBBへ、林翔太郎の覚悟「より厳しい環境に身を置かないといけない」

配信

バスケット・カウント

「初めての一人暮らしなので新鮮です」

文=丸山素行 写真=B.LEAGUE、鈴木栄一 林翔太郎は特別指定選手を含め、3シーズンを川崎ブレイブサンダースで過ごし、新潟アルビレックスBBへ移籍することになった。「この環境に甘えていた自分もいたと思う」と語る林は、あえて環境が整った川崎を離れ、より厳しい環境に身を置くことに。プレータイムと自身の成長を求め新潟でのチャレンジに挑む林に話を聞いた。 ──東京アラートも解除され、以前の日常が戻りつつあるかと思います。 そうですね、トレーニングルームが6月から使えるようになったので、ウエイトはやっていました。バスケは全くしてなかったですが、体育館が使えるようになったのでやっとバスケができるって感じでです。 ──結果的に長いオフとなりましたが、オフはどのように過ごしていましたか?  特別なことは何もしなかったですね。ゲームをしたり、Netflixで映画を見たり。毎年1回くらいは自己啓発本を読もうと思う時期があって、買ったんですけど読み切れてないです。活字を読むべきだと分かっているんですけど、気持ちが入らないというか。これまでに読みきれていない本もあるので読みましたが、全部は読み切れてないです(笑)。 ──読書の他に、この期間中にやっておけばよかったことなどはありますか?  インドアなタイプなのでやりたいことはやれたと思います。強いて言うなら、僕は包丁も持てない人間なので料理に挑戦しておけばよかったかなという感じです。料理を作るスペースがないんですけど、青木(保憲)のインスタを見てたらめっちゃ美味しそうな料理を作っていたので。 ──新潟では一人暮らしをされるんですよね?  そうなんですよ。自分でご飯を作らなきゃいけない環境になるので、練習しておけば良かったです。高校から親元を離れているんですけど、高校と大学、川崎も入れて10年間寮生活でした。初めての一人暮らしなので新鮮です。汚くなるまで掃除はしないタイプなので気を付けます。

【関連記事】