Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【MLB】プホルスの“スランプ脱出法”は? 「考えすぎるのは…」単独インタで告白

配信

Full-Count

通算656本塁打プホルスに単独インタビュー「今年は自分がやりたいようにできている」

 エンゼルスのアルバート・プホルス内野手がFull-Count編集部の単独インタビューに応じ、今季にかける意気込みを語った。通算19年間で歴代14位の通算3202安打、同6位の656本塁打、同4位の2075打点を記録。将来の米野球殿堂入りが確実視される大砲は二刀流として復活が期待される大谷翔平投手や自身の“スランプ脱出法”などを明かした。 【写真】「2人の天使だ」とファン大絶賛! 米有名人気“美人”レポーターが大谷翔平の腰に手を回し…笑顔2ショット写真を公開 ――20年目のシーズンに向けてどのような準備をしているか。 「今年は自分がやりたいようにトレーニングができているから今のところは満足しているよ。いいチームになってきているし、今年こそって感じかな」 ――2020年のチームをどのようにみているか。 「いいチームになったと思うよ。レンドンが打順に加わることは大きなプラスだよ。とてもいい選手だからね。トップ5の選手だし。翔平が二刀流として戻ってきてくれたことも良かった! 去年もいい結果を残していたし、今年も引き続き頑張ってほしい」 ――カージナルス時代の監督だったトニー・ラルーサ氏がエンゼルスのスペシャルアシスタントとして加わった。 「トニーとはいい関係だと思うよ。最初の監督だったしね。一緒にリングもとったしね。僕にとっては父親のようで本当に尊敬しているよ。彼が加わってくれてすごく嬉しいよ」 ――田口壮氏もチームメイトだった。 「そうだね。田口は(オリックスの1軍野手総合兼打撃コーチとして)教えてるんだってね」 ――先日、メジャーのレジェンドを聞かれ、通算3283安打、660本塁打のウイリー・メイズの名前を挙げていた。 「メイズは本当にすごかったし、数字が物語っている」 ――あと4本塁打で、そして81安打でメイズに並ぶ。 「記録のことは考えていない。僕はこのチームが勝つ事に貢献する事が目標だから。それはこれからも変わらないよ。そして今までの数字であったりは全てまずは神に感謝しているよ。そして家族や周りの方々の支えによってだから感謝しているよ」

【関連記事】