Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

負けてるのにトッテナムDFが試合中に突如トイレへ、モウリーニョは追いかけて早く出るようにプレッシャー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

29日に行われたカラバオカップ(EFLカップ)4回戦、トッテナムとチェルシーの一戦で珍しい一幕があった。 【動画】トイレに駆け込んだダイアーをモウリーニョが追いかける!? 0-1とトッテナムの1点ビハインドで迎えた75分頃、先発出場していたイングランド代表DFエリック・ダイアーが突如走り出し、自らピッチを離れて行った。 チームのピンチに何があったかと思えば、まさかのトイレに。生理現象なので仕方ないことだが、ビハインド時にとはタイミングが悪かった。 一時的に10人となったトッテナムがピンチを迎えると、見かねたジョゼ・モウリーニョ監督がベンチを後に。なんと、ダイアーを追いかけ、早く戻ってくるようにプレッシャーをかけたのだ。 幸い、失点を免れたトッテナムは、数分後にダイアーがピッチに戻ってくると、83分には、MFエリク・ラメラのゴールで同点に追いつき、PK戦の末に勝利を飾り、ベスト8進出を決めた。なお、ダイアーは1人目のキッカーとしてPKを成功させている。 勝利を収めたモウリーニョ監督は、試合後のインタビューでダイアーのトイレ駆け込みについて、次のように語っている。 「彼はトイレに行く必要があった。そのことを私は理解している。体が脱水状態にあり、筋肉に何も残っていないとき、それは普通のことだ」 「彼が行かなければならないことはわかっていたが、残りの時間に彼が戻ってくるようプレッシャーをかける必要があった」 「彼は誰にとっても素晴らしい模範であり、直近の2つの試合をプレーした。協会が選手を気にしないのであれば、私が気にする。木曜日の試合ではダイアーはプレーしない」 また、ダイアーを急かしても意味がないのではと問われた際には、「問題はそれが小便ではなかったことだ」と付け加えている。 一方のダイアーは、自身の不在時に失点しなかった味方に感謝の言葉を述べつつ、自身のインスタグラム(ericdier15)にチェルシー戦のマン・オブ・ザ・マッチのトロフィーを事後のトイレに飾ったお茶目な投稿を載せている。

超WORLDサッカー!

【関連記事】