Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

3番はM5、5番はM3。タイガー・ウッズが旧モデルのフェアウェイウッドを使い続ける理由って?

配信

みんなのゴルフダイジェスト

とくにもう一方のSIMフェアウェイウッドについては、テーラーメイド史上もっとも低重心なフェアウェイウッドとメーカーが謳っているモデル。 低重心であるほど、ロフトの立っている3番ウッドでも打ち出しが高くなりやすいうえ、スピン量も減少するためランも確保しやすいことから「飛ばしたいのであればこちらを選ばない理由はないです」と小倉氏もSIMを評する。 そもそもアマチュアの感覚で言えば、3番ウッドの役割はグリーンまでの残り距離をなるべく縮めることが主であって、ピンポイントでターゲットを狙うために緻密な操作性を必要とするクラブではない。そのためSIMのように低重心化によって高い飛距離性能を有していたり、SIM MAXのようにミスヒットでも飛距離をロスしにくいフェアウェイウッドがアマチュアにとっては最適なのだ。 しかし、タイガーの場合は3番ウッドであっても球筋を自由にコントロールできることを重視する。そこで、最新モデルと比較すればスピン量を確保できて、操作性も併せ持つM5を選択するわけだ。

5番ウッドは引き続き「M3」を採用

タイガーがM3の5番ウッドを使い続ける理由についても、3番ウッドと同様に「スピン量と操作性について、タイガーの基準を満たしているのがM3なのでしょう」と小倉氏。それに加えて、タイガーの5番ウッドに対する考え方が、スイッチの基準をより厳しくしているのではないかと小倉氏は推察する。 「タイガーにとって5番ウッドは、3番ウッドよりもさらに高い精度でボールをコントロールしてターゲットを正確に狙っていくクラブ、という認識が強いのでしょう。一方、最新のフェアウェイウッドって、どうしても直進性を高める方向に進化が進んでいて、重心が深く、重心距離も長めになっています。おそらくそれを嫌がって、5番ウッドに関してはなかなか替えないのではないかなと思います」(小倉氏) M3・M4世代ではドライバーのみに採用されていた、弾道のバラつきを軽減し飛距離と直進性を高める効果を持つ「ツイストフェース」も、M5・M6シリーズからはフェアウェイウッドにも採用され始めた。 「ツイストフェースはサイドスピンをかけたい、曲げたい、というタイガーの意図が消されてしまいますからね。タイガーにしてみれば狙っていくクリークが補正能力を持っているとかえって邪魔であって、自分の意図通りの球を打てるM3こそが“やさしいクラブ”なのでしょう」(小倉氏) こうしたクラブ進化の方向性とタイガーが求める性能との乖離が、なかなかフェアウェイウッドをスイッチできない理由につながっているようだ。 しかし裏を返せば、それだけ最新のフェアウェイウッドは性能が進化し、タイガーの技術でも曲げきれないほどに安定した弾道で飛ぶモデルとなっていることの証明でもある。「タイガーが使っていない」のは、最新モデルがアマチュアにとっては恩恵があることの裏返し……なのかも。

みんなのゴルフダイジェスト編集部

【関連記事】